お笑い

千鳥の年収や中学高校の学歴は?父母兄弟の家族構成や嫁・子供も!

千鳥の年収や中学高校の学歴は?父母兄弟の家族構成や嫁・子供も!1

スポンサーリンク




千鳥の年収
  • 2018年時点での集計で3億超え!
  • 1人あたりの年収、手取り額は2,700万円でした。
  • 本名:山本 大悟の生年月日:1980年
  • 本名: 早川 信行の生年月日:1979年

1998年:18歳でコンビ結成「千鳥」の年収事情に迫っていきます!

それでは本題へ入っていきましょう!





スポンサーリンク

千鳥の年収

千鳥の年収や中学高校の学歴は?父母兄弟の家族構成や嫁・子供も!2

2018年時点での集計は…

3億超え!

その内訳をザックリ

  • まず1番、単価の高いCMに始まり
  • TV番組レギュラー
  • 冠番組
  • MC
  • 特番
  • ラジオ
  • 配信番組
  • ミュージックビデオ
  • アニメの声優

大悟に至っては映画出演や吹き替えまで、幅広いジャンルで活動しています。

当然、吉本興業所属なので本業のネタの舞台出演はもちろん、NGKや新喜劇などの出演もあります。

 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

ここからが怖い話!

所属が吉本という事は…

番組などで色んなタレントが給料のことを発言して有名ですね。

  • そう!取り分比率が「9:1」
  • もちろん吉本の取り分が「9」

計算上、3億稼いでも吉本が2億7,000万持っていきます。

残った3,000万を2人で分けたら、1人たったの1,500万

しかもここから税金で大体、3割くらい引きます。

ザックリ、1人たったの1,000万

あれだけ売れて働いて1人1,000万は絶対、辞めますね…

知っている方も多いかもしれませんが、吉本は売れるとギャラ交渉するので、少なく見積もって「吉本7:千鳥3」が妥当な金額でしょう。

3億-吉本の取り分「7」で2億1,000万

残り9,000万を大悟とノブで ÷ 2 = 4,500万(1人)

4,500万の収入に対して4割ほど税金で納めます。

4,500 - 40% =2,700万が2人の手取り額になります。

1人2,700万円の年収です。

単純に月収額にすると2,700万 ÷ 12か月 =月収225万円

 

 

千鳥の中学高校の学歴

千鳥の年収や中学高校の学歴は?父母兄弟の家族構成や嫁・子供も!3

2人とも出身高校は同じで「岡山県立笠岡商業高等学校」を卒業しています。

  • 偏差値:49

 

大悟の出身中学校「笠原市立北木中学校」
ノブの出身中学校「芳井町立芳井中学校」

2人ともかなり学力が低く、高校では2人とも「卒業の危機」だったそうです。

 

大悟の高校での武勇伝

  1. 常にテストで0点をとる生徒
  2. 高校3年間で一度も教科書を持ったことがない
  3. 学校での学力は最下位
  4. テスト科目が5教科あったら、3教科ぐらいは0点、残りの2教科はなんとか頑張って5点くらい

 

高校最後のテスト前に先生に呼び出され、このようなやりとりをしています。

先生:「このままでは卒業できません。教科書を持ってきてください。」
大悟:「すみません。教科書を持っていません。」
先生:「誰かから借りてきなさい。」
先生:「今から独り言をいいます。教科書に線を引きなさい。」

 

この時、先生の「独り言」は全てテストに出る部分だったそうです。

先生は大悟にテストの答えを教えたということですね。

 

先生のおかげで大悟は初めて、5教科で平均20点をとれてギリギリ卒業しました。

きっと先生は留年されては風紀が乱れるので、卒業させたかったのでは?



千鳥の父母兄弟の家族構成や嫁・子供も!

千鳥の年収や中学高校の学歴は?父母兄弟の家族構成や嫁・子供も!4
大悟の家族構成
  • 父・母・姉・姉・大悟の5人家族
  • 嫁:まどか
  • 長女:芽依ちゃん
  • 長男:陽太くん

 

ノブの家族構成
  • 父・母・兄・兄・ノブの5人家族
  • 嫁:ようこ
  • 長男:晴くん
  • 次男:和くん



まとめ

 

千鳥の気になる年収は
  • 2018年時点での集計で3億超え!
  • 1人あたりの年収、手取り額は2,700万円でした。
  • 2人とも実家の家族構成は5人家族
  • 3兄弟の末っ子

2人とも結婚し、同じ年頃のお子さんが2人でした。

学力については2人ともヤバい!でした。

 

今回はこの内容で調査・解説しました。

【千鳥の年収や中学高校の学歴は?父母兄弟の家族構成や嫁・子供も!】

千鳥
  • 年収
  • 学歴
  • 家族構成や嫁・子供

以上で終了です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう!





スポンサーリンク