芸能

柄本佑の高校大学の学歴!嫁子供と父母兄弟の家族構成まとめ

柄本佑の高校大学の学歴!嫁子供と父母兄弟の家族構成まとめ

スポンサーリンク




こんにちは、シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

今回の記事では

  • 柄本佑(たすく)の
  • 高校大学の学歴
  • 嫁子供
  • 実家の父母兄弟の家族構成

について書いていきます。

柄本佑の父・母・弟も俳優です。

お姉さんがいますが、芸能人ではありません。

さらに結婚相手の家族も凄い俳優一家でした。

  • 柄本佑は14歳の時
  • 映画「美しい夏キリシマ」の
  • 主役オーディションに応募し
  • デビューしました。

お母さんに、そそのかされて行ったらしい。

実は俳優を目指していたわけではなく、映画監督にあこがれていたそうです。

  • 小学生の頃に見た「勝新太郎」
  • 主演映画「座頭市」の
  • 勝新太郎が格好良くて
  • あこがれていたようです。

なぜか…

かっこよく勝新太郎を撮る方の

「監督」にあこがれるように。

それでは本題へ入っていきましょう!





スポンサーリンク

柄本佑の学歴

出身高校

私立和光高等学校

弟の「時生」も同じ高校出身です。

著名な芸能人や文化人を数多く輩出している高校です。

 

出身大学

大学には行かず専門学校を卒業しています。

最終学歴

その専門学校

早稲田大学芸術学校空間映像科

  • 早稲田大学芸術学校は
  • 「早稲田大学西早稲田キャンパス内」にある
  • 夜間専門学校
  • 社会人や大学
  • 大学院卒業生
  • 大学在学中の人が
  • 全体の約9割を占めるそうです

柄本佑も俳優活動をしながらだと、通いやすいから選んだのでしょうか。

仕事をしながらだと、日中は通うのが難しいですからね。

 

 

柄本佑の嫁

嫁:安藤 サクラ

  • 生年月日:1986年2月18日
  • 出身地:東京都
  • 身長:160cm
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:ユマニテ
  • 祖父:昭和初期総理大臣・犬飼毅氏
  • 出身大学:学習院女子大国際交流学部
  • 偏差値:50
  • 出身高校:学習院女子高等科
  • 偏差値:68 難関校
  • 学習院系列の中高一貫教育校

 

  • 学習院女子高等科は
  • 数多くの皇族関係者が

卒業している事で知られています。

安藤サクラは

  • 幼稚園
  • 初等科
  • 中等科
  • 全て学習院系列校に
  • 通っていました。

父が監督を務めた映画「風の外側」でデビューしています。

  • 父:俳優「奥田瑛二」
  • 母:エッセイスト「安藤和津」
  • 姉:映画監督「安藤桃子」
  • 2011年:映画「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」に出演
  • 第84回キネマ旬報ベスト・テン
  • 助演女優賞を受賞
  • その後、映画「かぞくのくに」で
  • 第86回キネマ旬報ベスト・テン
  • 主演女優賞と助演女優賞を
  • ダブル受賞。
  • 2014年:姉が監督を務める
  • 映画「0.5ミリ」でも
  • 2年連続で
  • キネマ旬報ベスト・テン
  • 主演女優賞受賞。

第39回日本アカデミー賞では「百円の恋」で最優秀主演女優賞を受賞。

 

2人の出会い

  • 2008年:あきた十文字映画祭で
  • 2010年:公開の映画
  • 「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」
  • の共演がきっかけで
  • 付き合うようになりました。
  • 3年間の交際後
  • 2012年に結婚
  • 2018年:第71回カンヌ国際映画祭で
  • コンペティション部門で
  • 最高賞のパルムドールを受賞した
  • 映画「万引き家族」の
  • ヒロインに選ばれています。

 

 

柄本佑の子供

2017年に長女が誕生しています。

もうすぐ一家の大黒柱になりますね

生まれました。
生まれたは、生まれました

と、あっさりとした様子で告白した。

 

柄本佑の父母兄弟の家族構成

  • 父:柄本明(俳優)
  • 母:角替和枝(つのがえ かずえ)(女優)
  • 姉:かのこ(映画や舞台の裏方関係)
  • 弟:柄本時生(俳優)

 

亡き母に贈る

  • 僕は映画監督に憧れていた
  • 初めての映画オーディションの
  • 面接に行く時

母ちゃんにどうせ受からないけど、あんたの好きな生の映画監督見れるよ。

って言われてオーディションに行ったそうです。

  • 自身が俳優の道を
  • 歩むことになったきっかけ
  • 母の存在があったそうです。

もう受賞を直接、伝えることはできません。

きっと喜んでくれていると思います。

今日も会場のどこかにいると思います。

分身の術で空いている席

全部に座っているかもしれませんよ

と母を思い出しているように話す「柄本佑」の姿が印象的だった。

お母さんは2018年:天国に旅立たれました。

 

まとめ

柄本家エピソード

弟の柄本時生の証言

柄本佑は「映画と名のつく映画はすべて観ている」というが、日本のポルノ映画、いわゆるピンク映画もお気に入り。
そこで父と一緒にリビングでピンク映画を観ることも。
しかし、そんな父子の姿を偶然目撃した母は、「それだけはやめて!映画と名のつくものだけど、それだけはやめて!」
と必死に懇願していたという。

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Crankin_5093103/

 

以上で終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう!





スポンサーリンク