芸能

加瀬亮の年収と映画やドラマ・CMの出演作品とギャラ単価まとめ!

スポンサーリンク




こんにちは、シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

今回の記事内容は!

 

  • 加瀬亮の年収と映画やドラマ・CMの出演作品

 

  • 加瀬亮のギャラ単価まとめ!

 

について書いていきます。

 

2016年・2017年・2018年の3年間の年収を、まとめていきます。

 

計算方法は

  1. 主演 映画」
  2. 「映画」
  3. 「主演 TVドラマ 1話」
  4. 「ナレーション」
  5. 「CM」

に分けて、それぞれの出演本数を調べます。

 

大きな収入にスポットを当てて計算しています。

 

出演本数にギャラ単価を掛けて合計しています。

 

 

例えば、映画の場合「主演」「出演」ではギャラ単価が、3倍ほど違ってきます。

 

映画は「主演」「出演」でギャラ単価を分けて計算します。

 

細かい収入は、省略しているところもあります。

 

チョット少な目で、計算していると思って下さい。

 

 

2000年:26歳で映画「五条霊戦記」でデビューしてから芸歴20年目になります。

 

45歳、芸歴20年目の「加瀬亮」の年収事情に迫っていきます!

 

それでは本題へ入っていきましょう!





スポンサーリンク

加瀬亮の年収と映画やドラマ・CMの出演作品

 

2016年 5,830万円

 

「映画」 2本

  1. アズミ・ハルコは行方不明
  2. 沈黙 -サイレンス- Silence

 

主演 TVドラマ 1話」 1本

  1. この街の命に

 

「ナレーション」 1本

  1. ビートたけしのフランスは本当に勲章をくれたのかTV

 

「CM」 3本

  1. 住友林業
  2. サントリー 角瓶
  3. 明治 プロビオヨーグルトR-1

 

 

2017年 4,200万円

 

主演 映画」 1本

  1. ムーンライト下落合

 

「映画」 1本

  1. 3月のライオン

 

「CM」 2本

  1. サントリー 角瓶
  2. 明治 プロビオヨーグルトR-1

 

 

2018年 2,250万円

 

「映画」 3本

  1. モリのいる場所
  2. 鈴木家の嘘
  3. ベル・カント とらわれのアリア Bel Canto

 

「CM」 1本

  1. 住友林業

 

 

加瀬亮のギャラ単価まとめ!

 

  1. 主演 映画」ギャラ単価 = 450万円
  2. 「映画」ギャラ単価 = 150万円
  3. 「主演 TVドラマ 1話」ギャラ単価 = 110万円
  4. 「ナレーション」ギャラ単価 = 20万円
  5. 「CM」ギャラ単価 = 1,800万円

 

 

2016年収入 内訳

  • 「映画 2本」x 150万円 = 300万円
  • 主演 TVドラマ 1話 1本」x 110万円 = 110万円
  • 「ナレーション 1本」x 20万円 = 20万円
  • 「CM 3本」x 1,800万円 = 5,400万円

 

合計 5,830万円

 

 

2017年収入 内訳

  • 主演 映画 1本」x 450万円 = 450万円
  • 「映画 1本」x 150万円 = 150万円
  • 「CM 2本」x 1,800万円 = 3,600万円

 

合計 4,200万円

 

 

2018年収入 内訳

  • 「映画 3本」x 150万円 = 450万円
  • 「CM 1本」x 1,800万円 = 1,800万円

 

合計 2,250万円

 

 

まとめ

 

いかがでしたか? 今回の記事では

 

  • 加瀬亮の年収と映画やドラマ・CMの出演作品

 

  • 加瀬亮のギャラ単価まとめ!

 

について解説しました。

 

気になる年収は!

2016年 5,830万円
2017年 4,200万円
2018年 2,250万円

となっていました。

 

出演本数一覧は!

 

2016年:「映画 2本」「主演 TVドラマ 1話 1本」「ナレーション 1本」「CM 3本

 

2017年:「主演 映画 1本」「映画 1本」「CM 2本

 

2018年:「映画 3本」「CM 1本

 

最後に、今回の年収は総収入額です。

 

通常、事務所の方針や契約によって多少前後しますが、「事務所 5 :本人 5」「事務所 6 :本人 4」「事務所 4 :本人 6」のような形が多いようです。

 

しかし、加瀬亮は2018年に個人事務所「RYO KASE OFFICE」を設立していますので、納税や諸経費を引いても、8割ほどは収入になるでしょうね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





スポンサーリンク