芸能

沢村一樹の年収とテレビドラマや映画・CMの出演作品とギャラ単価!

スポンサーリンク




こんにちは、シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

今回の記事内容は!

 

  • 沢村一樹の年収とテレビドラマや映画・CMの出演作品

 

  • 沢村一樹のギャラ単価!

 

について書いていきます。

 

2017年・2018年・2019年の3年間の年収を、まとめていきます。

 

計算方法は

  1. 「映画」
  2. 主演 TVドラマ」
  3. 主演 TVドラマ 1話」
  4. 「TVドラマ」
  5. 「TVドラマ 1話」
  6. 「WEBドラマ 1話」
  7. 「ナビゲーター&ナレーション」
  8. 「ラジオ」
  9. 「ラジオMC」
  10. 「司会・NHK」
  11. 「CM」

 

に分けて、それぞれの出演本数を調べます。

 

大きな収入にスポットを当てて計算しています。

 

出演本数にギャラ単価を掛けて合計しています。

 

 

例えば、ドラマの場合「主演」「出演」ではギャラ単価が、3倍ほど違ってきます。

 

ドラマは「主演」「出演」でギャラ単価を分けて計算します。

 

 

ドラマは通常1話いくら、という風になっています。

 

沢村一樹の場合、主演ドラマが「1話 =150万円」と言われています。

 

基本的にドラマは10話前後ありますので「10話 x 150万円=1,500万円」という計算です。

 

細かい収入は、省略しているところもあります。

 

チョット少な目で、計算していると思って下さい。

 

 

1992年:25歳で雑誌「MEN’S CLUB」の専属モデルとしてデビューしました。

 

俳優デビューは4年後の1996年:29歳、ウッチャン(内村光良)が監督の「松田のドラマ」でした。

 

52歳、芸歴28年目の「沢村一樹」の年収事情に迫っていきます!

 

それでは本題へ入っていきましょう!





スポンサーリンク

沢村一樹の年収とテレビドラマや映画・CMの出演作品

 

2017年 8,290万円

 

主演 TVドラマ」 1本

  1. ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!

 

「TVドラマ」 2本

  1. 突然ですが、明日結婚します
  2. ひよっこ

 

「TVドラマ 1話」 1本

  1. そして誰もいなくなった

 

「司会・NHK」 2本

  1. 歴史のへ~、ほ~ 素朴な疑問を解決!
  2. 歴史のへ~、ほ~あなたの常識が変わります!

 

「CM」 3本

  1. 明治
  2. サントリー「-196℃・ストロングゼロ」
  3. Elex Wireless「クラッシュ オブ キングス」

 

 

2018年 8,940万円

 

主演 TVドラマ」 1本

  1. 絶対零度3〜未然犯罪潜入捜査〜

 

主演 TVドラマ 1話」 4本

  1. DOCTORS〜最強の名医〜 新春ドラマスペシャル〜 2018
  2. アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル
  3. 大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜
  4. CHIEF〜警視庁IR分析室〜

 

「TVドラマ」 2本

  1. 未解決の女 警視庁文書捜査官
  2. 西郷どん

 

「TVドラマ 1話」 2本

  1. 警視庁・捜査一課長 第7話
  2. パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜

 

「ナビゲーター&ナレーション」 1本

  1. 世界ふれあい街歩き 鹿児島スペシャル

 

「司会・NHK」 1本

  1. 歴史のへ~、ほ~負けた戦国武将たちの生き残り術

 

「CM」 3本

  1. WealthNavi
  2. サントリー「-196℃・ストロングゼロ」
  3. JR九州「インターネット列車予約サービス」

 

 

2019年 7,570万円

 

「映画」 1本

  1. 劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜

 

主演 TVドラマ」 1本

  1. 刑事ゼロ

 

主演 TVドラマ 1話」 2本

  1. 刑事ゼロ スペシャル
  2. 予告殺人

 

「TVドラマ」 3本

  1. ひよっこ2
  2. 白衣の戦士!
  3. グランメゾン東京

 

「TVドラマ 1話」 4本

  1. ひよっこ2 特別編
  2. 未解決の女 警視庁文書捜査官〜緋色のシグナル
  3. グラグラメゾン東京~平古祥平の揺れる思い~第9話
  4. 科捜研の女 正月スペシャル

 

「WEBドラマ 1話」 1本

  1. グラグラメゾン東京~平古祥平の揺れる思い~第9話

 

「ラジオ」 3本

  1. 10/6   木村拓哉 FLOW
  2. 10/13 木村拓哉 FLOW
  3. 10/20 木村拓哉 FLOW

 

「ラジオMC」 2本

  1. 12/14 研音創立40周年&ニッポン放送開局65周年記念ラジオ番組「KEN RADIO」
  2. 12/21 研音創立40周年&ニッポン放送開局65周年記念ラジオ番組「KEN RADIO」

 

「CM」 2本

  1. WealthNavi
  2. サントリー「-196℃・ストロングゼロ」

 

 

沢村一樹のギャラ単価!

 

  1. 「映画」ギャラ単価 = 130万円
  2. 主演 TVドラマ」ギャラ単価 = 1,500万円
  3. 主演 TVドラマ 1話」ギャラ単価 = 150万円
  4. 「TVドラマ」ギャラ単価 = 500万円
  5. 「TVドラマ 1話」ギャラ単価 = 50万円
  6. 「WEBドラマ 1話」ギャラ単価 = 50万円
  7. 「ナビゲーター&ナレーション」ギャラ単価 = 20万円
  8. 「ラジオ」ギャラ単価 = 10万円
  9. 「ラジオMC」ギャラ単価 = 30万円
  10. 「司会・NHK」ギャラ単価 = 20万円
  11. 「CM」ギャラ単価 = 1,900万円

 

 

2017年収入 内訳

  • 主演 TVドラマ 1本」x 1,500万円 = 1,500万円
  • 「TVドラマ 2本」x 500万円 = 1,000万円
  • 「TVドラマ 1話 1本」x 50万円 = 50万円
  • 「司会・NHK 2本」x 20万円 = 40万円
  • 「CM 3本」x 1,900万円 = 5,700万円

 

合計 8,290万円

 

 

2018年収入 内訳

  • 主演 TVドラマ 1本」x 1,500万円 = 1,500万円
  • 主演 TVドラマ 1話 4本」x 150万円 = 600万円
  • 「TVドラマ 2本」x 500万円 = 1,000万円
  • 「TVドラマ 1話 2本」x 50万円 = 100万円
  • 「ナビゲーター&ナレーション 1本」x 20万円 = 20万円
  • 「司会・NHK 1本」x 20万円 = 20万円
  • 「CM 3本」x 1,900万円 = 5,700万円

 

合計 8,940万円

 

 

2019年収入 内訳

  • 「映画 1本」x 130万円 = 130万円
  • 主演 TVドラマ 1本」x 1,500万円 = 1,500万円
  • 主演 TVドラマ 1話 2本」x 150万円 = 300万円
  • 「TVドラマ 3本」x 500万円 = 1,500万円
  • 「TVドラマ 1話 4本」x 50万円 = 200万円
  • 「WEBドラマ 1話 1本」x 50万円 = 50万円
  • 「ラジオ 3本」x 10万円 = 30万円
  • 「ラジオMC 2本」x 30万円 = 60万円
  • 「CM 2本」x 1,900万円 = 3,800万円

 

合計 7,570万円

 

 

まとめ

 

いかがでしたか? 今回の記事では

 

  • 沢村一樹の年収とテレビドラマや映画・CMの出演作品

 

  • 沢村一樹のギャラ単価!

 

について解説しました。

 

気になる年収は!

2017年 8,290万円
2018年 8,940万円
2019年 7,570万円

となっていました。

 

出演本数一覧です。

 

2017年:「主演 TVドラマ 1本」「TVドラマ 2本」「TVドラマ 1話 1本」「司会・NHK 2本」「CM 3本

 

2018年:「主演 TVドラマ 1本」「主演 TVドラマ 1話 4本」「TVドラマ 2本」「TVドラマ 1話 2本」「ナビゲーター&ナレーション 1本」「司会・NHK 1本」「CM 3本

 

2019年:「映画 1本」「主演 TVドラマ 1本」「主演 TVドラマ 1話 2本」「TVドラマ 3本」「TVドラマ 1話 4本」「WEBドラマ 1話 1本」「ラジオ 3本」「ラジオMC 2本」「CM 2本

 

最後に、今回の年収は総収入額です。

 

通常、事務所の方針や契約によって多少前後しますが、「事務所 5 :本人 5」「事務所 6 :本人 4」「事務所 4 :本人 6」のような形が多いようです。

 

沢村一樹は「研音」に所属しているので、「事務所 6 : 本人 4」の取り分比率ではないでしょうか?

 

当然、税金やマネジメント料が、引かれる前の金額です。

 

本人の手元に残る「手取り額」はザックリと、赤文字の半分くらいと考えると、丁度いいと思いますよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





スポンサーリンク