芸能

佐々木蔵之介の年収とドラマや舞台・映画の出演作品!ギャラ単価まとめ

スポンサーリンク




こんにちは、シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

佐々木蔵之介の年収
  • 2017年 1億5,835万円
  • 2018年 1億2,325万円
  • 2019年 3,630万円

佐々木蔵之介は京都出身で、由緒ある酒蔵「佐々木酒造」の3人兄弟の次男として生まれました。

大学時代に入った劇団で演技の楽しさに目覚め、その情熱は冷めず反対する父親を押し切って、俳優の道に選んだといいます。

佐々木蔵之介が一躍有名になったのは、2000年のNHK朝の連続ドラマ「オードリー」でした。

 

今回の記事内容は!

  1. 佐々木蔵之介の年収
  2. 佐々木蔵之介のドラマや舞台・映画の出演作品
  3. 佐々木蔵之介のギャラ単価

について

2017年・2018年・2019年の3年間の年収をまとめています。

計算方法は

  1. 主演 映画」
  2. 「映画」
  3. 主演 TVドラマ」
  4. 主演 TVドラマ 1話」
  5. 「TVドラマ」
  6. 「TVドラマ 1話」
  7. 「ナビゲーター&ナレーション」
  8. 「舞台」
  9. 「CM」

に分けて、それぞれの出演本数を調べます。

 

大きな収入にスポットを当てて計算しています。

出演本数にギャラ単価を掛けて合計しています。

 

例えば、映画の場合「主演」「出演」ではギャラ単価が、3倍ほど違ってきます。

映画やドラマは「主演」と「出演」でギャラ単価を分けて計算します。

 

ドラマは通常1話いくら、という風になっています。

佐々木蔵之介の場合、主演ドラマが「1話 =130万円」と言われています。

基本的にドラマは10話前後ありますので「10話 x 130万円=1,300万円」という計算です。

 

細かい収入は、省略しているところもあります。

チョット少な目で、計算していると思って下さい。

 

今回のタイトルは…これで行きます。

【佐々木蔵之介の年収とドラマや舞台・映画の出演作品!ギャラ単価まとめ】

● 佐々木蔵之介の年収

● 佐々木蔵之介のドラマや舞台・映画の出演作品

● 佐々木蔵之介のギャラ単価

● まとめ

 

1990年:22歳で新劇団「惑星ピスタチオ」の旗揚げに参加した事をきっかけに、芸能活動をスタートしました。

それでは「佐々木蔵之介」の年収事情に迫っていきます!

 





スポンサーリンク

佐々木蔵之介の年収

2017年 1億5,835万円

  • CM 1億4,400万円
  • 映画 920万円
  • 舞台 400万円
  • ドラマ 90万円
  • その他 25万円

2017年 年収内訳

  • 主演 映画 1本」x 400万円 = 400万円
  • 「映画 4本」x 130万円 = 520万円
  • 「TVドラマ 1話 2本」x 45万円 = 90万円
  • 「ナビゲーター&ナレーション 1本」x 25万円 = 25万円
  • 「舞台 1本」x 400万円 = 400万円
  • 「CM 6本」x 2,400万円 = 1億4,400万円

 

  • 合計 1億5,835万円

2018年 1億2,325万円

  • CM 9,600万円
  • 映画 530万円
  • 舞台 400万円
  • ドラマ 1,795万円

2018年 年収内訳

  • 主演 映画 1本」x 400万円 = 400万円
  • 「映画 1本」x 130万円 = 130万円
  • 主演 TVドラマ 1本」x 1,300万円 = 1,300万円
  • 「TVドラマ 1本」x 450万円 = 450万円
  • 「TVドラマ 1話 1本」x 45万円 = 45万円
  • 「舞台 1本」x 400万円 = 400万円
  • 「CM 4本」x 2,400万円 = 9,600万円

 

  • 合計 1億2,325万円

2019年 3,630万円

  • CM 2,400万円
  • 映画 520万円
  • ドラマ 710万円

2019年 年収内訳

  • 「映画 4本」x 130万円 = 520万円
  • 主演 TVドラマ 1話 2本」x 130万円 = 260万円
  • 「TVドラマ 1本」x 450万円 = 450万円
  • 「CM 1本」x 2,400万円 = 2,400万円

 

  • 合計 3,630万円

佐々木蔵之介のドラマや舞台・映画の出演作品

佐々木蔵之介の年収とドラマや舞台・映画の出演作品!ギャラ単価まとめ3

2017年 佐々木蔵之介の出演作品

主演 映画」 1本

  1. 破門 ふたりのヤクビョーガミ

「映画」 4本

  1. 花戦さ
  2. 美しい星
  3. 3月のライオン 前編
  4. 3月のライオン 後編

「TVドラマ 1話」 2本

  1. コウノドリ 第2シリーズ 第1話
  2. コウノドリ 第2シリーズ 最終話

「ナビゲーター&ナレーション」 1本

  1. ドイツが愛した日本人〜佐々木蔵之介が巡る、ある医師の物語〜

「舞台」 1本

  1. リチャード三世

「CM」 6本

  1. 関西電力
  2. 日本電産
  3. 大幸薬品「クレベリン」
  4. シノケン「アパート経営」
  5. サントリー「オールフリー」
  6. ミツカン「プロが使う味 白だし」

2018年 佐々木蔵之介の出演作品

主演 映画」 1本

  1. 嘘八百

「映画」 1本

  1. 空飛ぶタイヤ

主演 TVドラマ」 1本

  1. 黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした〜

「TVドラマ」 1本

  1. FINAL CUT

「TVドラマ 1話」 1本

  1. 天才を育てた女房

「舞台」 1本

  1. ゲゲゲの先生へ

「CM」 4本

  1. 日本電産
  2. 大幸薬品「クレベリン」
  3. シノケン「アパート経営」
  4. サンスター「ガム歯周プロケア」

2019年 佐々木蔵之介の出演作品

「映画」 4本

  1. ひとよ
  2. 居眠り磐音
  3. 空母いぶき
  4. WE ARE LITTLE ZOMBIES

主演 TVドラマ 1話」 2本

  1. 塔馬教授の天才推理3
  2. 家康、江戸を建てる「水を制す」(前編)

「TVドラマ」 1本

  1. シャーロック

「CM」 1本

  1. シノケン「アパート経営」

佐々木蔵之介のギャラ単価

  1. 主演 映画」= 400万円
  2. 「映画」= 130万円
  3. 主演 TVドラマ」= 1,300万円
  4. 主演 TVドラマ 1話」= 130万円
  5. 「TVドラマ」= 450万円
  6. 「TVドラマ 1話」= 45万円
  7. 「ナビゲーター&ナレーション」= 25万円
  8. 「舞台」= 400万円
  9. 「CM」= 2,400万円

まとめ

佐々木蔵之介の年収とドラマや舞台・映画の出演作品!ギャラ単価まとめ4

いかがでしたか?

気になる「佐々木蔵之介」の年収は!
  • 2017年 1億5,835万円
  • 2018年 1億2,325万円
  • 2019年 3,630万円

となっていました。

出演本数一覧

2017年:「主演 映画 1本」「映画 4本」「TVドラマ 1話 2本」「ナビゲーター&ナレーション 1本」「舞台 1本」「CM 6本

2018年:「主演 映画 1本」「映画 1本」「主演 TVドラマ 1本」「TVドラマ 1本」「TVドラマ 1話 1本」「舞台 1本」「CM 4本

2019年:「映画 4本」「主演 TVドラマ 1話 2本」「TVドラマ 1本」「CM 1本

最後に、今回の年収は総収入額です。

総収入額とは事務所へのマネジメント料や税金が、何も引かれていない状態のことです。

この総収入額から…

マネジメント料&税金など、諸々のお支払いをします。

本人の手元に残る「手取り額」はザックリと、赤文字の半分くらいと考えると丁度いいと思います。

 

実家の「酒蔵」を継がなかったことで、お父さんはしばらく口もきいてくれなかったそうです。

そんなお父さんが「俳優」という仕事を認めてくれたのは、NHK連続ドラマ「オードリー」に出演してからだそうです。

NHKという知名度に効果があったのでしょうか?

今では息子「佐々木蔵之介」が出演したドラマの名前にちなんだ、オリジナルの日本酒を発売するほど応援してくれているそうです。

 

今回はこの内容で調査・解説しました。

【佐々木蔵之介の年収とドラマや舞台・映画の出演作品!ギャラ単価まとめ】

● 佐々木蔵之介の年収

● 佐々木蔵之介のドラマや舞台・映画の出演作品

● 佐々木蔵之介のギャラ単価

 

以上で終了です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう。

 





スポンサーリンク