芸能

妻夫木聡の現在の年収と映画やドラマ・CMの出演作品とギャラ単価!

スポンサーリンク




こんにちは、シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

ドラマより映画の出演が、はるかに多い妻夫木聡。

主演でドラマ出演すれば、10話で1,700万円は下らないと言われているのに。

映画だと、「渡辺謙」や「役所広司」クラスの、いわゆる大御所でもギャラは1,000万円ほど。

 

最近では、自分の気に入った作品に出演するそうです。

ある程度、選べる立場になったということなんでしょう。

 

妻夫木聡の所属事務所は「ホリプロ」ですが、TV番組などでギャラが安い!良くと聞きますね。

ホリプロは給料制が主体のようですが、ある程度の売れっ子になると歩合制を採用しているらしく「小島瑠璃子」も少し前まで、年収 250万円だったとか…

 

妻夫木聡クラスで仮に給料制だった場合、年収 800万円だったら…

辞めるか、普通に考えて事務所を移籍しますよね。

そういう訳で、妻夫木聡は歩合制を採用しているので計算していきましょう。

 

今回の記事内容は!

 

  1. 妻夫木聡の現在の年収
  2. 妻夫木聡の映画やドラマ・CMの出演作品
  3. 妻夫木聡のギャラ単価!

 

について書いていきます。

 

2017年・2018年・2019年の3年間の年収を、まとめていきます。

計算方法は

  1. 主演 映画」
  2. 「映画」
  3. 主演 TVドラマ」
  4. 主演 TVドラマ 1話」
  5. 「舞台」
  6. 「CM」

 

に分けて、それぞれの出演本数を調べます。

大きな収入にスポットを当てて計算しています。

出演本数にギャラ単価を掛けて合計しています。

 

例えば、映画の場合「主演」「出演」ではギャラ単価が、3倍ほど違ってきます。

映画は「主演」と「出演」でギャラ単価を分けて計算します。

 

ドラマは通常1話いくら、という風になっています。

妻夫木聡の場合、主演ドラマが「1話 =170万円」と言われています。

基本的にドラマは10話前後ありますので「10話 x 170万円=1,700万円」という計算です。

 

細かい収入は、省略しているところもあります。

チョット少な目で、計算していると思って下さい。

 

 

1997年:16歳「ザ・スタアオーディション」の参加者300万人の中から、第1回グランプリを獲得したことが俳優デビューのきっかけでした。

 

39歳、芸歴24年目の「妻夫木聡」の年収事情に迫っていきます!

それでは本題へ入っていきましょう!





スポンサーリンク

妻夫木聡の現在の年収

 

妻夫木聡の現在の年収と映画やドラマ・CMの出演作品とギャラ単価!2出典 https://www.cinemacafe.net/article/2017/03/03/47552.html

 

2017年  1億1,800万円

 

  • CM     1億400万円
  • 映画     1,400万円

 

2018年  1億8,870万円

 

  • CM       1億5,600万円
  • ドラマ       1,870万円
  • 映画             800万円
  • その他          600万円

 

2019年  4,200万円

 

  • CM        2,600万円
  • 映画      1,000万円
  • その他      600万円

 

妻夫木聡の映画やドラマ・CMの出演作品

 

妻夫木聡の現在の年収と映画やドラマ・CMの出演作品とギャラ単価!3出典 https://www.oricon.co.jp/photo/3085/161523/

 

2017年 出演作品

 

主演 映画」 2本

  1. 愚行録
  2. 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール

 

「映画」 1本

  1. 家族はつらいよ2

 

「CM」 4本

  1. みずほ銀行「ロト7」
  2. 東京ガス「エネファーム」
  3. スポーツ・チャンネル「DAZN ダゾーン」
  4. サッポロビール「大人エレベーター・黒ラベル」

 

2018年 出演作品

 

「映画」 4本

  1. 来る
  2. 泣き虫しょったんの奇跡
  3. 妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII
  4. 僕はチャイナタウンの名探偵2 唐人街探案2

 

主演 TVドラマ」 1本

  1. イノセント・デイズ

 

主演 TVドラマ 1話」 1本

  1. 乱反射

 

「舞台」 1本

  1. 贋作・桜の森の満開の下

 

「CM」 6本

  1. 江崎グリコ
  2. 花王「メリット」
  3. みずほ銀行「ロト7」
  4. キヤノン「EOS M6」
  5. スポーツ・チャンネル「DAZN ダゾーン」
  6. サッポロビール「大人エレベーター・黒ラベル」

 

2019年 出演作品

 

主演 映画」 1本

  1. パラダイス・ネクスト

 

「映画」 2本

  1. 決算! 忠臣蔵
  2. パラダイス・ネクスト 亡命之途

 

「舞台」 1本

  1. キネマと恋人

 

「CM」 1本

  1. サッポロビール「大人エレベーター・黒ラベル」

 

 

妻夫木聡のギャラ単価!

 

妻夫木聡の現在の年収と映画やドラマ・CMの出演作品とギャラ単価!4出典 https://www.cinra.net/news/20160804-tsumabukimaiko

 

  1. 主演 映画」ギャラ単価 = 600万円
  2. 「映画」ギャラ単価 = 200万円
  3. 主演 TVドラマ」ギャラ単価 = 1,700万円
  4. 主演 TVドラマ 1話」ギャラ単価 = 170万円
  5. 「舞台」ギャラ単価 = 600万円
  6. 「CM」ギャラ単価 = 2,600万円

 

2017年 収入内訳

 

  • 「主演 映画 2本」x 600万円 = 1,200万円
  • 「映画 1本」x 200万円 = 200万円
  • 「CM 4本」x 2,600万円 = 1億400万円

 

合計  1億1,800万円

 

2018年 収入内訳

 

  • 「映画 4本」x 200万円 = 800万円
  • 「主演 TVドラマ 1本」x 1,700万円 = 1,700万円
  • 「主演 TVドラマ 1話 1本」x 170万円 = 170万円
  • 「舞台 1本」x 600万円 = 600万円
  • 「CM 6本」x 2,600万円 = 1億5,600万円

 

合計  1億8,870万円

 

2019年 収入内訳

 

  • 「主演 映画 1本」x 600万円 = 600万円
  • 「映画 2本」x 200万円 = 400万円
  • 「舞台 1本」x 600万円 = 600万円
  • 「CM 1本」x 2,600万円 = 2,600万円

 

合計 4,200万円

 

まとめ

 

いかがでしたか? 今回の記事では

 

  1. 妻夫木聡の現在の年収
  2. 妻夫木聡の映画やドラマ・CMの出演作品
  3. 妻夫木聡のギャラ単価!

 

について解説しました。

 

気になる年収は!

2017年   1億1,800万円
2018年   1億8,870万円
2019年       4,200万円

となっていました。

 

  • 出演本数一覧

 

2017年:「主演 映画 2本」「映画 1本」「CM 4本

 

2018年:「映画 4本」「主演 TVドラマ 1本」「主演 TVドラマ 1話 1本」「舞台 1本」「CM 6本

 

2019年:「主演 映画 1本」「映画 2本」「舞台 1本」「CM 1本

 

最後に、今回の年収は総収入額です。

総収入額とは、事務所へのマネジメント料や税金が、何も引かれていない状態のことです。

この総収入額から…

マネジメント料&税金など、諸々のお支払いをします。

本人の手元に残る「手取り額」はザックリと、赤文字の半分くらいと考えると、丁度いいと思いますよ。

 

半分にすると!

2017年  5,900万
2018年  9,435万円
2019年  2,100万円

これが「妻夫木聡」のお財布に入るお金ですね。

 

 

2016年、4年間の交際を経て「女優のマイコ」と結婚しましたね。

2012年夏に共演したドラマ「東野圭吾ミステリーズ・シャレードがいっぱい」の打ち上げで意気投合し交際に発展しています。

実は出会う以前から、素敵な女優さんと思っていたそうです。

 

 

妻夫木聡は2001年、映画「ウォーターボーイズ」に主演し注目を集めました。

映画「ジョゼと虎と魚たち」(03年)でキネマ旬報ベストテン・最優秀男優賞。

映画「悪人」(10年)で日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞を受賞。

大河ドラマ「天地人」(09年)では、主演の戦国武将・直江兼続を演じました。

 

妻のマイコは2006年に化粧品会社の広告で芸能界デビュー。

2008年、映画「山のあなた~徳市の恋~」のヒロインに抜擢されデビュー。

映画「カフーを待ちわびて」(09年)、大河ドラマ「龍馬伝」(10年)、連続テレビ小説「おひさま」(11年)など幅広く活躍しました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





スポンサーリンク