芸能

岩橋玄樹の兄弟や家族構成は?父の職業とかわいい妹の画像も!

スポンサーリンク




こんにちは! シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

キンプリファンからは、こんな声も出始めた

 

  • いわち(岩橋の愛称)事務所の契約更新をしなかったの?
  • 松島くんの復帰はもうすぐなのに、いわちは無理ってこと?

 

などの「岩橋玄樹」の退所を心配する声も出始めている。

 

 

永瀬廉の発言

 

今、僕たちがライブを守って、いつでも玄樹が帰ってこれる環境を整えつつ、6人揃った時のパワーを改めてみなさんに感じていただけるように、今回のツアーを全力で大成功させます!

 

 

と仲間が宣言した一方で…残念な事に、プライベートでトラブルを起こしていた事が報道されてしまう。

 

その内容は!

 

「岩橋玄樹」が療養に専念せず、飲み歩いているとの証言が…

療養せず、酒を飲み歩く「岩橋玄樹」にキンプリメンバーは呆れ果てている様子で、断絶状態だとも書いてありました。

 

しかし誰よりも「岩橋玄樹」の復帰を待っているのは、他ならぬキンプリメンバーだという事を忘れていないだろうか?

 

この報道の真実はいかに…!

 

 

今回のタイトルは!

 

【岩橋玄樹の兄弟や家族構成は?父の職業とかわいい妹の画像も!】

 

● 岩橋玄樹の兄弟

● 岩橋玄樹の家族構成

● 岩橋玄樹の父の職業

● 岩橋玄樹のかわいい妹の画像

● まとめ

 

 

区切っていきましょうか。

それでは本題へ入っていきましょう!

 





スポンサーリンク

岩橋玄樹の兄弟

 

岩橋玄樹の兄弟や家族構成は?父の職業とかわいい妹の画像も!2

 

4歳下の妹:さき

 

  • 岩橋玄樹:23歳
  • 岩橋さき:19歳

年齢は2020年時点

 

小さい時は一緒に「キャッチボール」をして遊んでいたんだとかで、大人になっても一緒に「映画を見に行ったり」と、兄弟仲はとても良い事がわかります。

 

妹の服を借りて「ハロウィン」に出ていた事もあるようですよ。

 

 

岩橋玄樹の家族構成

 

父・母・岩橋玄樹・妹の4人家族

 

  • 金魚:5歳
  • シナモン:ヨークシャテリア
  • ルーキー:ミックス犬
  • ヤマト:ミックス犬
  • プリンセス:ゴールデンレトリーバー

 

かなりの動物好きな、ご家族のようです。

 

お父さんの仕事に関しては公言していたものの、お母さんに関しては公表も無くベールに閉ざされています。

 

ただ、お父さんの収入がかなりあるので「専業主婦」との見方が強いようです。

 

 

岩橋玄樹の父の職業

 

岩橋玄樹の兄弟や家族構成は?父の職業とかわいい妹の画像も!3

 

父の職業:スポーツドクター

 

  • 読売ジャイアンツ
  • 西武ライオンズ

 

のスポーツドクターだったそうです。

 

 

スポーツドクターとは、どんな仕事?

 

球団から正式に依頼され、スタッフの一員としてチーム全体を長期間にわたって担当するのがチームドクターの仕事。

 

選手のケガや病気を治療するだけでなく、チーム全体の故障や疾病の防止、体力アップに関することまで、幅広い仕事を任せられています。

 

 

給料はどれくらい?

 

  • 2,000~3,000万円

 

スポーツドクターとして高収入を得るには「整形外科」や「スポーツ整形」などのスポーツドクターになるのではなく、プロ野球チームの専属スポーツドクターになれば、年収も2,000万円以上と高年収を得ることができるようです。

遠征に同行するスポーツドクターの年収はチーム次第では3,000万円を超えて行くようです。

 

岩橋玄樹の父の場合、まさにこれ!

 

じゃなかったら「杉並区の一軒家」で、これだけのワン子達と暮らすのは現実的に難しいでしょう。

 

それなりの収入があるから出来る事!

 

 

岩橋玄樹のかわいい妹の画像

 

 

妹とハッキリ断定できるほどの情報がない事と、一般人の可能性が高いので画像はナシで…!

 

まとめ

 

13歳の時「GReeeeN」に憧れてジャニーズ事務所に入所した「岩橋玄樹」

King&Princeの5人での活動はいつまで続くのか?

復帰はあるのか?ないのか?

 

今回はこの内容でした。

 

【岩橋玄樹の兄弟や家族構成は?父の職業とかわいい妹の画像も!】

 

● 岩橋玄樹の兄弟

● 岩橋玄樹の家族構成

● 岩橋玄樹の父の職業

● 岩橋玄樹のかわいい妹の画像

 

 

今回の調査・解説内容は以上で終了。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

また別の記事でお会いしましょう!





スポンサーリンク