芸能

宮沢氷魚の両親の学歴もヤバい!英語がペラペラな理由と兄弟はいる?

スポンサーリンク




こんにちは、シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

今日の内容は、芸能一家の2世として生まれた、宮沢氷魚について、なんでそんなに高学歴なの?

お父さんとお母さんが高学歴なの・・・?

氷魚の遺伝子は親ゆずり?

 

・・・英語がペラペラで、男前な氷魚の兄弟についての疑問や、謎について解説していきます。

 

「宮沢氷魚」なかなか読みずらい漢字ですが「ひお」と読みます。

「メンズノンノ」の専属モデルとして2015年にデビューしました。

 

父は「宮沢和史」みやざわ かずふみ

元「THE BOOM」のボーカルですね。

 

母は「光岡ディオン」

テレビ番組でも時々、みかけるパーソナリティーです。





スポンサーリンク

宮沢氷魚の両親の学歴もヤバい!

 

出典 https://twitter.com/miyazawahio

 

宮沢氷魚のプロフィールと、比較して見ていくと、わかりやすので参考までにどうぞ。

「氷魚」

生年月日 1994年4月24日  2018年 現在25才

出身 アメリカ・サンフランシスコ

身長 184cm

 

珍しい名前ですが、本名ですよ。

サンフランシスコで生まれの東京育ちです。

 

宮沢氷魚の出身大学はお母さんと一緒の国際基督教大学(ICU)ということです。

 

 

父「宮沢和史」の学歴とプロフィール

出典 https://natalie.mu/music/news/103042

出身地 山梨県甲府市

年齢 53才 2018年 現在

出身大学 明治大学経済学部

宮沢和史は2014年に解散した人気バンド「THE BOOM」のボーカルを務めていたことでも有名ですね。

 

1986年 THE BOOMを結成後、歩行者天国でライブを積み重ねて、その3年後の1989年(23才)にシングル曲の「君はTV っ子」でデビューしています。

THE BOOM といえば!

そう、あの「島唄」「風になりたい」 です。

「島唄」は各国でカヴァーされて、なかでも有名なのが2001年にアルゼンチンで「SHIMAUTA」として、リリースされ大ヒットしました。

しかも、ワールドカップのアルゼンチン代表チームの、公式サポートソングにも選ばれています。

 

島唄の作詞作曲も宮沢和史ですよ。

出身大学でも分かる通り、お父さんも頭よかったんですね!

 

母「光岡ディオン」の学歴とプロフィール

出典 https://twitter.com/

 

出身大学 国際基督教大学栄養学部語学科

年齢 53才 2018年現在

夫婦で同じ年齢だったんですね。

出典 http://geinoujin-biyou-seikaku.com/2018/07/06/post-1671/

お母さんのディオンはアメリカ人とのハーフなので、氷魚はクオーターという事になりますね。

英語がペラペラな理由

 

単に卒業大学が賢いからという理由で、英語がペラペラな、わけではありませんよ。

皇室の佳子さまと同じ、名門中の名門。

 

少し特殊なのか、偏差値や入試方法なども、あまり知られていませんが、偏差値も高く「65」あたりです。

 

宮沢氷魚は幼いころから、インターナショナルスクールに通っており、日本で高校を卒業してから、アメリカのカリフォルニア大学へ留学しています。

その後、ICU へ編入後、現在に至るという訳なんですね。

 

サンフランシスコで生まれていますが、帰国子女という訳ではなく、高校までインターナショナルスクールに通っていたので、英語がペラペラだったんですね。

宮沢氷魚の兄弟は?

 

3人兄弟の長男です。

2才 年下の弟の「海実」かいみ

4才 年下の妹の「琉歌」るか

やはりお父さんの、沖縄好きが名前にも・・・

 

「海」や琉球の「琉」って字なんかでも沖縄愛のようなものを感じてしまいます。

 

沖縄の沖縄県立音楽芸術大学で音楽講師をするのも、沖縄が好きだからなんでしょうね。

 

宮沢氷魚の名前の由来、知ってる?

 

実際に琵琶湖に生息している魚で、アユの稚魚です。

冬の寒い時期の、12月~3月ころまでに、収穫されて5月ころには、透明感がなくなって、名前も「小鮎」へ変わります。

 

環境の変化にも順応する力があって、なおかつ冬の厳しい季節を生き抜くことから、たくましく、生きてほしいとの想いが込められています。

性格が悪いってほんと?

 

このエピソードの真相は、ハッキリしたことは、わかっていません。

TV番組「オールスター感謝祭」の企画の中で、赤坂ミニ駅伝対決を行った時に、マラソン中に宮沢氷魚が、他の選手と接触したらしいんですが、その時にその場で謝罪しなかったそうなんです。

これがきかっけで、「ぶつかってまで優勝したいのか・・・」と、性格悪いな、などと炎上する事件が起きていました。

まとめ

 

親の力を当てにしない、という思いが強いのか、現在の事務所には父のことは伏せて、履歴書を送ったと言われているほど、自立心が強いのかも知れませんね。

 

その後、父の後押しがあったのか・・・といったことは、わかっていませんが結果、履歴書を送付した年、見事に第30回メンズノンノの、専属モデルオーディションでグランプリを獲得しています。

 

あのルックスと身長と経歴なら、ご両親の援護射撃がなかったとしても、グランプリを取っていても、なんの不思議もありませんが。

 

宮沢氷魚という1人の俳優としても、十分な魅力を感じますね。

 

それ以外にも、教育番組を異例のスピードで降板になったりと、モロモロあったようです。

 

いかがでしか?

 

経歴やら、ご両親のことや、炎上事件などいろいろ、ありますが両親が有名なので、期待も大きく、やることなすこと、たたかれやすいことは事実でしょう。

 

そんなハードルを乗り越えて、1人の俳優、モデルとして認められるまで、厳しい環境の中でも、生き抜いてほしいとの想いで、名付けた父の期待に応えて、これからの成長を見守っていきたいと思っています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





スポンサーリンク