芸能

染谷将太の学歴や事務所・性格は?あの個性は生い立ちからなのか!

スポンサーリンク




こんにちは、シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

今回の記事では、染谷将太(そめたに しょうた)の学歴や事務所がどこなのか?

 

独特の個性を放っている、染谷将太の性格は生い立ちが影響しているのか?

 

と疑問に思い、生い立ちなども調べてみました。

 

さて、あの独特の個性がどこからきているのでしょうか!

 

そんな染谷将太は、2015年に女優の菊地凛子と結婚しました。

 

年の差は11歳!

 

当時は染谷将太22歳、菊地凛子33歳の年の差婚で話題になりました。

 

それでは本題へ入っていきましょう!





スポンサーリンク

染谷将太の学歴

 

染谷将太の学歴や事務所・性格は?あの個性は生い立ちからなのか!2出典 https://www.mycar-life.com/article/2016/05/08/8214.html

染谷将太 X 菊地凛子

 

 

  • 出身小学校:江東区立明治小学校
  • 所在地: 東京都江東区深川 2-17-26

 

  • 出身中学:江東区立深川第二中学校
  • 所在地: 東京都江東区冬木 22-10

 

有名な卒業生

寺島進(俳優) 光永亮太(歌手)

 

 

  • 出身高校:日出高校 芸能コース 偏差値(42)
  • 所在地:東京都目黒区目黒 1-6-5

 

芸能人、御用達の高校なので有名な卒業生は紹介しきれない程です。

 

大学には進学していません。

 

染谷将太の事務所

 

  • 事務所名:TOY’S FACTORY(トイズファクトリー)
  • 所在地:東京都渋谷区

 

俳優やタレントが多く所属しているわけではなく、主に歌手やアーティストが多いようです。

 

所属アーティスト(一部)

  • BUMP OF CHICKEN
  • EGO-WRAPPIN’
  • My Little Lover
  • Mr.Children
  • SEKAI NO OWARI
  • 湘南乃風
  • ゆず
  • 森友嵐士
  • ケツメイシ
  • 筋肉少女帯

 

これだけ見ても、かなりの大物アーティストばかりですね。

 

染谷将太の性格

 

芸能ライターのコメント

 

染谷は早熟で、中学生の時から新宿のゴールデン街を出入りしていたそうです。

その理由は、満島ひかり、吉高由里子などを見出した映画監督の園子温氏に会うため。

結局、監督を見つけることはできなかったそうですが、染谷の表現に対する探究心は凄い。

日々の読書量も多く勉強家だ。

引用元:https://www.asagei.com/excerpt/31074

 

かなり両極端なようで、とてもハッキリした性格のようです。

 

明るい性格ですが、人見知りで馴染むまでに時間がかかるとのこと。

 

興味があることに関しては、睡眠時間をけずってでもやるし、興味がないことにはソッポ向く感じだそうです。

 

 

役作りの時も、私生活は役柄になりきって過ごすみたいですよ。

 

かなりストイックな所があるようです。

 

 

ベースにある感情とは?

 

そうですねぇ。

きっと何事でも楽しみを見つける人間なので。

まぁ、もともと楽しみを求めているんでしょうけど……。

たとえ、つまらないと思うことでも楽しみを見つけることで楽しむ性格……。

引用元:https://www.oricon.co.jp/special/47300/

 

いたって良好な性格で常識人のように感じますね。

 

染谷将太の生い立ち

 

染谷将太の学歴や事務所・性格は?あの個性は生い立ちからなのか!1出典 https://www.fashion-press.net/news/37169

『3月のライオン』出演時の染谷将太!

 

うそでしょ(@_@。ッてくらい・・・

 

別人かと思うほどの増量ですね。

 

 

  • 生年月日:1992年9月3日(2019年 現在27歳
  • 出身地:東京都
  • 血液型:A型
  • 身長:172 cm
  • 所属事務所:TOY’S FACTORY

 

 

1997年(7歳):友達に誘われて芸能界デビュー。

 

2001年(9歳):「STACY」で子役として映画初出演。

 

2009年(17歳):映画「パンドラの匣」で初主演。

 

2010年(18歳): NHK大河ドラマ「龍馬伝」に出演。

 

2012年(20歳):映画「ヒミズ」で主人公役に抜擢され、「第68回ヴェネツィア国際映画祭」で、マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀賞新人賞)を日本人初受賞の快挙を成し遂げました。

 

2013年(21歳):映画「ヒミズ」と「悪の教典」で、「第36回日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞。

 

2014年(22歳):『寄生獣』で主演。

 

2015年(22歳):女優の菊地凛子と結婚。

 

2016年(23歳):第1子誕生。

 

2018年(25歳):映画『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』で海外映画初主演。

 

2019年(26歳):第2子誕生。

 

染谷将太の独特の個性や性格の真相!

 

役者という仕事をする上で、日頃から意識していることはありますか?

 

気を抜くことです。

オフの日はなるべく、ボーっとして仕事から離れて、リフレッシュする時間を大事にしています。

散歩をしたり、自転車に乗ったり。

こう見えて、アウトドア派というか日が出ているうちは、外にいたいタイプ。

1日、外出できない日なんかがあると辛い。

引用元:https://www.fashion-press.net/news/37169

 

 

今後はどのように成長していきたいですか?

 

目の前にある仕事をちゃんとする。

それが成長への一番の近道かなと…

あとは、素敵な「出会い」があることを心から祈っています。

引用元:https://www.fashion-press.net/news/37169

 

 

もっと、凡人からは想像もつかないようなコメントが、飛び出すのかと思っていましたが、意外と普通のコメントで安心しました。

 

ということは、本人のコメントにもあったように、「役柄にのめり込んでしまう」ストイックな性格もあり、役になりきっているように感じました。

 

作っているところも実は多いのかもしれませんね!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

『バクマン。』で主人公達にとって、最強のライバルである、天才漫画家を演じました。

 

かと思えば、『3月のライオン』では主人公の心友である、ムッチリ体型の愛されキャラを演じています。

 

ムッチリどころでは、ないですけどね…

 

幅広い役どころで、圧倒的な存在感を放っている染谷将太。

 

演技の幅も、ますます広げ個性豊かな役者として、着実に進化を遂げている染谷将太は、今後どのように進化していくのか?

 

とても個人的に気になります。

 

あの独特の個性豊かな性格が、生い立ちが影響しているような、負の印象も受けませんでした。

 

一体、あの個性はどこで培ったのか、とても興味深いですね!

 

最新作『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』では海外映画に初出演し主演を務めています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





スポンサーリンク