芸能

本郷奏多の生い立ちでご飯よりお菓子を食べる理由が?性格が問題!


こんにちは、シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

本郷奏多(ほんごう かなた)が偏食という事は、知る人も多いと思いますが、その原因は何なの?

 

親? 家庭環境? 生い立ち? 性格?

 

色んな理由が考えられますが、その真相はいかに!

 

今回の記事では、本郷奏多の生い立ちを、ひも解いていくことで、なぜご飯よりもお菓子を主食のように食べているのか?

 

 

ただ単にお菓子が好きだから、という理由だけではないような気がしました!

 

そこには、もっと奥深い闇が潜んでいるのではないか?

 

という疑問が沸き上がり調査しながら、疑問を解決していこうと記事を書いていきます。

 

そもそも、性格にもやや問題がありそうなので、一緒に記事を書いていきます。

 

それでは本題へ入っていきましょう!





スポンサーリンク

本郷奏多の生い立ち

 

本郷奏多の生い立ちでご飯よりお菓子を食べる理由が?性格が問題!2出典 https://www.cinemacafe.net/article/img/2017/12/01/54230/358615.html

 

  • 生年月日:1990年11月15日(2019年 現在28歳)
  • 出身地:宮城県仙台市

 

2歳上に兄がひとり(一般人)

 

家族構成は両親と兄の4人家族

 

幼稚園の頃からキッズモデルとして活動

 

  • 親友:神木隆之介(子役時代から共演)
  • 兄貴として慕っている人:嵐の二宮和也

 


2002年(12歳)スターダストプロモーションに所属

 

2002年(12歳)映画『リターナー』で俳優デビュー

 

2003年(13歳)映画『MOON CHILD』歌手の「GACKT」や「HYDE」共演

 

2005年(14歳)映画『HINOKIO』で初主演

 

2011年(21歳)『GANTZ』出演

 

「GACKT」や「HYDE」とは幼少期のころから仲良くしてもらっているようで、今でもプライベートでのお付き合いがあるそうですよ。

 

  • 出身小学校:宮城県仙台市立七北田小学校
  • 出身中学校:宮城県仙台市立七北田中学校
  • 出身高校:日出高等学校
  • 出身大学:日本大学 芸術学部写真学科

 

出身小学校は羽生結弦の母校でもあります。

 

本郷奏多の性格

 

  • 過度な潔癖症で性格は閉鎖的。
  • 除菌グッズを持ち歩いている。
  • エレベーターのボタンはスマホや鍵で押す。

 

なるべく触りたくないとのこと。

 

などのビクッリエピソードが印象的ですね。

 

思い立ったら、すぐに行動するタイプで、いたって冷静沈着でマイペース。

 

他人にあまり興味がないので、干渉されたくないし束縛されたくない。

 

人に会うのが嫌いであまり外出したくない。

 

  • 本郷奏多の主演ドラマで、自分以外のメンバーでグループLINEができていてショックを受けた。

 

デートはしたことはあるが、彼女が欲しいとは思はないそうです。

 

KISSを不潔と感じてしまう。

 

彼女の手料理も不要とのこと。

 

潔癖症で家に帰ると持ち物をウェットティッシュで拭く。

 

当然、電車のつり革や小銭など、誰が触ったかわからないものもアウトだそうですよ。

 

  • 苦手な物:太陽光

 

仕事に対しては真摯に向き合い、ファンに失礼がないように、しっかりと勉強するそうですね。

 

これはホントに偉いです。

 

本郷奏多の性格エピソード集

 

この仕事で「楽しい!」と思える瞬間は?

 

それはもう、本当にただひとつ…給与明細を開くときですね。

本当に楽しいです。

 

 

「こういう役をやってみたい!」という気持ちが芽生えることはないんですか?

 

すごくありますよ。

でも、まあ僕にオファーが来るのはだいたい、ズル賢くて弱い役ですからね…。

もうそのへんは自分でもよくわかってるんで(笑)

開き直って「そういう役のスペシャリストになる!」くらいの気持ちで全力でやってます。

 

 

他人と生活を共にすることはできますか?

 

24時間、同じ場所で一緒に暮らすわけですよね…?

イヤですね。

たぶん、無理じゃないかなぁ?

向いてないと思います、結婚というものに。

 

 

「家に遊びに来た友人を着替えさせる」というのは本当ですか?

 

仲の良い友人に関しては「YES」

そこまで親しくない方の場合は、なかなか玄関で「着替えて」とは言えないので、その場合は帰ったら掃除するようにします。

友人に対しては「きょう、何してた?」「バイト」「何時から何時まで?」「10時から夕方」「うん、じゃあ着替えようか?」という感じです。

 

 

来客用の着替えが用意されてるんですか?

 

僕の部屋着のジャージとかですね。

ただし「きょう、どこから来たの?」「家だよ」「シャワーは浴びてきた?」「うん」という場合は、着替えなしでそのまま入れます。

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/15981854/

 

 

嫉妬深い彼女はどうですか?

 

うーん、「面倒くせえな」とは思います。

 

 

束縛しないんだろうな…実際にはどうですか?

 

どうなんでしょう?

そもそもあまり他人に興味が無いので、そういう意味では束縛もしないんじゃないですかね?

 

 

束縛されたくもないですか?

 

そうですね。

やっぱり、人の人生にあんまり干渉しないでほしいですよね。

引用元:https://mdpr.jp/interview/detail/1739298

 

 

結婚について考えることはありますか?

 

結婚願望は、ほとんどないんです。

子供がすごく好きなので、結婚せずに子どもだけ欲しい。

自分のクローンとか欲しいですね(笑)

結婚もしたくないし、自分の遺伝子が50%しか入らないより100%入れたいから。

自分と完全に同じ思想を持った、ひと回り小さいやつを作りたいですね(笑)

 

 

結婚願望がないのは理想の女性に出会えないから?

 

自分よりきれい好きで、虫が殺せる人がいいです。

僕が無理なので。

引用元:https://jisin.jp/entertainment/interview/1710274/

 

本郷奏多がご飯よりお菓子を食べる理由とは?

 

食事の必要性を感じないのでグミを食べているとか。

 

今だに「主食はお菓子」ですか?

 

そうですね。

お菓子は家にはヤバい量ありますよ。

家に閉じ込められても、3ヶ月は生き延びられるくらいはあると思います。

 

 

お菓子以外の食事もされていますよね?

 

はい。

基本、簡単なものは自分で作って食べますね。

僕の空腹って徐々に「あぁ、お腹が空いてきた」じゃなくて、ゼロか100で「あ、腹へった」ってなっちゃうんです。

だから、すぐに食べられるものを自分で作っちゃいますね。

「食べたい」と思ったものを、そう思ったときに食べるようにしていて、それがかえって健康なんじゃないかと考えてます。

本能に従って、精神的なストレスが一切かかってない食生活を送っているので。

「ポテトチップスが食べたい」と思うことは、その栄養素を身体が欲してるからそう感じるんだと思ってて。

それを食べるのが一番健康だという理論で生きてます。

やはり人体なのでときどき、野菜を欲することはあります。

月イチくらいですかね…?

そこで「野菜を食べなきゃな」と感じたときはサラダを食べるようにしています。

引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/15981854/

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ご飯よりお菓子を食べているのは、そもそも必要性を感じないからでした。

 

しかし、お菓子以外の食事は自分で自炊して食べる。

 

外食は、ほとんどしない理由は食事に時間をかけたくないからでした。

 

性格は少し変わっているとは思いますが、常識的になインタビューの受け答え、などからしても微妙なラインです。

 

少なくとも幼少期、生い立ちが原因でお菓子ばかり食べるようになった、と思える情報は見当たりませんでした。

 

どうも、本郷奏多を見ると「クセモノ」というイメージが…

 

当然、演じてきた役柄のイメージが大きいとは思いますが、バラエティ番組で明かされた個性的な人生観や私生活の様子なども大きな理由のひとつではないでしょうか?

 

最新映画『Diner ダイナー』でも、見た目は可愛らしい子供ながら、圧倒的な残虐さのサイコパス“キッド”を演じた。

 

一癖も二癖もあるキャラを、見事に演じることで定評がありますね。

 

共演者の間でも「ぶっ飛んでいた!」と驚かれるほどの怪演を見せたそう。

 

その一方でバラエティ番組や舞台あいさつなどでは、自虐的な言動で周囲を盛り上げることの多い本郷奏多。

 

 

原作を忠実に再現する姿勢で、いまや“実写化と言えば本郷奏多”と言われるほどの評価を受けていますね。

 

最近は特に、漫画を実写化した作品に引っ張りだこ状態。

 

2017年も映画「鋼の錬金術師」・ドラマ「アカギ」・ドラマ「ラブホの上野さん」・「ラブホの上野さん season2」など、次々と出演作を重ねています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





スポンサーリンク