人物

藤井聡太の家族構成と生い立ちは?親の職業と兄弟の学歴も!

スポンサーリンク




こんにちは! シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

日本中を熱狂させた少年!

その知られざる素顔とは?

恐るべき天才少年が現れた!と巷では、そう言われている。

 

史上最年少でプロ棋士になったかと思えば、デビューから怒涛の29連勝!

「歴代最多連勝記録」を更新した。

 

その強さの理由はどこにあるのか?すごく気になりますね。

並外れた「集中力」の秘密や両親・兄弟のこと。

頭脳やDNAは遺伝なのか?

 

そこで、今回のテーマに選んだ「キーワード」は!

 

【藤井聡太の家族構成と生い立ちは?親の職業と兄弟の学歴も!】

 

● 藤井聡太の家族構成

● 藤井聡太の生い立ち

● 藤井聡太の親の職業

● 藤井聡太の兄弟の学歴

● まとめ

 

 

トピックごとに分けて解説して行きます。

それでは本題へ入っていきましょう!

 





スポンサーリンク

藤井聡太の家族構成

 

父・母・兄・藤井聡太の4人家族

 

父:正史

母:裕子

兄:皓介(こうすけ)4歳年上

 

 

藤井聡太の生い立ち

 

藤井聡太の家族構成と生い立ちは?親の職業と兄弟の学歴も!2

 

5歳で将棋を始める

 

  • おばあちゃんから「子供用の将棋」をプレゼントされた事がキッカケ
  • 幼稚園の時、すでに「将棋の名人になりたい!」と発言
  • 5歳で「子供将棋教室」に通う
  • 小1でアマチュアの初段
  • 小3で「小学生将棋全国大会」で優勝
  • 小6でA級棋士も参戦する「詰将棋解答選手権」で初優勝~その後3連勝
  • 小学校の卒業文集に「将棋界の横綱になりたい!」と書いた
  • 2016年14歳(中学生)で史上最年少のプロ棋士になる
  • 2017年デビューから無敗のまま「将棋界最多」29連勝達成
  • その後の「竜王戦決勝」で初黒星(30連勝ならず)
  • 現在に至る

 

 

藤井聡太の親の職業

 

父の職業

 

  • 「LIXIL」にお勤めの、普通のサラリーマン
  • 1部上場の大手企業
  • 東京に単身赴任中

 

「藤井聡太」の実家は愛知県瀬戸市にあります。

合併前の「INAX」の本社は愛知県常滑市にありました。

10年ほど前に大手住宅機器メーカ5社が、合併して誕生した会社が「LIXIL」です。

「INAX」+「トステム」+「新日軽」+「東洋エクステリア」+「LIXIL」

 

 

母の職業

 

  • 専業主婦

 

ご主人が「大手上場企業」にお勤めで「単身赴任中」なら、奥様が働かなくても十分にやって行けるだけの収入はあると思いますよ。

 

 

藤井聡太の兄弟の学歴

 

藤井聡太の家族構成と生い立ちは?親の職業と兄弟の学歴も!3

 

「東大らしい」などと言われていますが、デマ情報でした。

学校名など一切、公表されていません。

 

ただ大学受験した事は、インタビューの返事から分かります。

 

とある神社で、インタビューされた返事がこれ

 

お願い事は、何をされたんですか?

 

将棋の事で神様にお願いしても仕方ないので、兄の大学合格祈願をしました。

 

お兄さんが大学受験した事は確かなようです。

 

 

 

お兄さんの大学は?

 

  • 東大というのはデマ
  • 学校名は公表されていないが、大学へは進学した様子

 

 

 

お兄さんの高校は?

 

  • 名古屋市立向陽高等学校
  • 名古屋大学教育学部附属高校

 

このどちらかに通っていた!という説と可能性が高い。

 

 

性格は弟と正反対のようで…

  • 明るく活発
  • 目立ちたがり屋
  • せっかち

 

お母さん曰く、兄は「元気で外交的」なタイプで「ちゃきちゃき」してるそうです。

 

まとめ

 

藤井聡太は1歳で電車に夢中になると、時刻表を読むようになったそうです。

幼稚園生の頃には絵本ではなく、いわゆる「普通の本」を手に取っていたという有り様。

 

集中力と記憶力が抜群で、幼稚園生ながら「五目並べ」や「神経衰弱」では、大人に勝つこともあったそうです。

 

お母さんによれば、幼稚園生で早くも「九九」を習得していたというからビックリ!

 

そろそろ終わりましょう。

今回はこの内容で調査・解説しました。

 

【藤井聡太の家族構成と生い立ちは?親の職業と兄弟の学歴も!】

 

● 藤井聡太の家族構成

● 藤井聡太の生い立ち

● 藤井聡太の親の職業

● 藤井聡太の兄弟の学歴

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう!

 





スポンサーリンク