人物

堀江貴文ホリエモンの収入源や年収がヤバかった!資産総額はいくら?

スポンサーリンク




こんにちは、シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

今回の記事の内容は!

 

【堀江貴文ホリエモンの収入源や年収がヤバかった!資産総額はいくら?】

 

● 堀江貴文(ホリエモン)の収入源

● 堀江貴文(ホリエモン)の年収

● 堀江貴文(ホリエモン)の資産総額

● まとめ

 

 

この内容で区切って行きます。

 

堀江貴文は宇宙事業に乗り出し「本の出版」「TV出演」「メルマガ」「You tube」「学校運営」など多くの収入源を持っています。

 

それ以外にも「コンサルティング」「講演活動」など幅広くこなす実業家です。

 

収監される前の「最高資産額は3,000億円」とも言われていました。

 

もちろんライブドアの社長時代ですが、出所後の現在はいくらなんでしょう?

気になります。

 

そもそも自宅を持たず現在はホテル暮らしです。

六本木ヒルズの更新を断られたから…みたいですが

不動産などの所有もなく、資産は現金と株だそうです。

 

そんな、ホリエモンのお金事情に迫っていきましょう!

それでは本題へ入っていきましょう!

 





スポンサーリンク

堀江貴文(ホリエモン)の収入源

 

堀江貴文ホリエモンの収入源や年収がヤバかった!資産総額はいくら?2出典 https://toyokeizai.net/articles/-/219675

 

有料メルマガまぐまぐ

 

  • 登録読者数 1万5,000人 x 月額800円= 1,200万円
  • 月間1,200万円
  • 年間= 1億4,400万円
  • まぐまぐ手数料50%
  • 1億4,400万円÷50%= 年間 7,200万円
  • 年間合計 7,200万円

 

 

HORIEMON.COM には「5つメルマガ」があります。

 

  1. ニコニコチャンネル
  2. まぐまぐ!
  3. 夜間飛行
  4. FC2 BLOG
  5. DIAMOND

 

今回は購読者数が一番多い「まぐまぐ」を代表として取り上げました。

代表として取り上げて計算していますので、その他の4つのメルマガでも当然ながら収益は発生しています。

 

堀江貴文イノベーション大学校

 

● 月間会員

  • 月会員数1,443人 x 月額1万円= 月間 1,443万円
  • 月間1,443万円 x 12か月= 年間 1億7,316万円
  • 月間会員の年間合計 =1億7,316万円

 

● 年間会員

  • 年会員数135人 x 年会費10万円= 年間 1,350万円

 

● 年間合計

  • (月会員)1億7,316万円 +(年会員)1,350万円= 1億8,666万円
  • 年間合計=1億8,666万円

 

 

何の学校ですか?

思い浮かべる大学ではありません。

 

こんな所です

 

ビジネスも遊びも、とにかく全力で望むやる気のある人たちが集い、交流し、新しい価値を生み出していく場です。

堀江貴文が先生となり、手取り足取りなにかを教えるような受動的な学びの場ではありません。

堀江貴文が主宰するオンラインサロン

簡単に「スポーツジムみたいなもの」と捉えてみてください。

それぞれの目的に合わせた形で、目的を持って月額会費を支払いそこに通うわけです。

メンバー同士の交流が活発に行われています。

いっしょになにかを始めてみませんか?

主に40個の facebookグループメンバーの活動フィールドになります。

起業などビジネスプロジェクトでなくても、飲み会やオフ会、大学のサークルのような活動もたくさん実施されています。

失敗に対して寛容です。

失敗を恐れて、なにもしないより簡単なことでも何でもいいから、とにかくやってみる事が大事です!

引用元:https://lounge.dmm.com/detail/87/

 

 

出版物の印税

 

  • 年間6冊ペースで3万部の出版契約
  • 一冊1,000円の場合の印税10%= 100円
  • 100円 x 3万部= 300万円
  • 1冊300万円 x 年間6冊= 1,800万円

1冊1,000円で計算していますが、ビジネス本の場合はもっと高いですからね。

 

 

アメーバブログ執筆料

 

  • 年間 1,200万円

 

「トップブロガー」と呼ばれる、一部のブロガーは高額報酬が発生します。

ホリエモンはその一部です。

その反面、縛りがあるようで自由がない!という一面もあるそうです。

 

 

YouTubeチャンネル

 

  • YouTubeチャンネル登録者数 104万人
  • 「推定年間収益」3,000万円~9,000万円
  • 「推定年間収益」3,000万円

 

一番少なく見積もって「最低3,000万円」は収益が発生している計算です。

金額に大きなな開きがある理由は、広告単価の違いです。

人気があって影響力があり、アクセスを集められる人は当然、単価も高くなるので堀江貴文のYouTubeチャンネルは、かなりの収益を上げていると予想できます。

 

 

堀江貴文 コンサルティング

 

  • 1回200万円以上

 

 

具体的に案件を抱えている件数は不明ですが、計算するために仮に10件のコンサルを引き受けていたとしても、それだけで2,000万円ですからね。

実際には、もっともっと案件を持っていると思いますが…

 

 

講演依頼

 

  • 1回200万円以上

 

こちらも詳細は不明ですが、年間1回の講演依頼を受けていたものとして計算します。

伝説のスピーチ「近畿大学卒業式」も講演依頼でしょうから。

 

 

堀江貴文(ホリエモン)の年収

 

ここまでの収入源を計算してみましょう!

 

年収合計

 

  • 「有料メルマガまぐまぐ」 年間 7,200万円
  • 「堀江貴文イノベーション大学校」 年間 1億8,666万円
  • 「印税収入(本の出版)」 年間 1,800万円
  • 「アメーバブログ執筆料」 年間 1,200万円
  • 「YouTubeチャンネル」 年間 3,000万円
  • 「コンサルティング料」 年間 2,000万円
  • 「講演依頼料」  200万円

 

年間合計=3億4,066万円

 

 

実際、「有料メルマガまぐまぐ」や「堀江貴文イノベーション大学校」は毎日のように会員数が増えています。

その多くの収入は「宇宙開発事業の投資」に充てる!という、いかにもホリエモンらしい選択ですね。

 

堀江貴文(ホリエモン)の資産総額

 

  • 3億円~10億円

 

堀江貴文は服役中に部下を通して有料メルマガを配信したり、書籍の執筆などで服役中に「1億円ほどは稼いでいた」と言われています。

ここまでの説明から堀江貴文の資産は、獄中で稼いだ約1億円と出所後の約2億4千万円を合わせた額ということになり、約3億4千万円と推定されます。

 

堀江貴文は2006年、証券取引法違反で賠償額約100億円を株主の賠償金や和解金として支払っていて資産の95%以上を失い、無一文になったと言われていました。

 

これらを全て精算していることから、逮捕後に少なくとも100億円以上の現金化できる資産が残っていたことになります。

 

刑務所の中から本を出版し有料メルマガを発行!

年間1億円以上は服役中も稼いでいたんですね。

 

これらを計算すると、ホリエモンの今の資産は3億~10億円くらいといったところでしょうか。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

現在、堀江貴文は資産形成やお金儲けには、興味ないようです。

 

実際「金に興味はない!」とインタビューでハッキリ言える所もホリエモンらしいです。

聞いていてイヤミな感じに聞こえないんですよね。

 

現在、力を入れているのは宇宙開発事業!

 

そのため堀江貴文は「ロケットの開発」を行っており、資産の多くをつぎ込んでいると言われています。

 

堀江貴文は北海道でSNS株式会社という、新しい会社立ち上げています。

 

ロケットの液体燃料の開発を行う日本の民間企業のようです。

そのため、以前ほどの資産を持っていないんですね。

 

全盛期は数千億!でしたが、今は数十億ですからね。

 

好きな事をやっていたら、たまたま金が転がり込んできた。

本人はそんな程度にしか思っていないですから…

 

スケールがデカいというか…何というか。

 

ただ堀江貴文の行動力?と発言力、発想力はスゴイと思います。

異次元過ぎて人ごとに感じている「あなた」!

 

全部をマネすることは不可能でも、少しでも自分のやりたい事にチャレンジしてみるのもいいですね。

新しい扉が開くきっかけになるかも…

 

今回はこのテーマでお届けしました。

 

【堀江貴文ホリエモンの収入源や年収がヤバかった!資産総額はいくら?】

 

● 堀江貴文(ホリエモン)の収入源

● 堀江貴文(ホリエモン)の年収

● 堀江貴文(ホリエモン)の資産総額

● まとめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 





スポンサーリンク