芸能

生田絵梨花【大学・高校中学の学歴】父母兄弟の家族構成と実家!三浦春馬との関係性

生田絵梨花【大学・高校中学の学歴】父母兄弟の家族構成と実家!三浦春馬との関係性

生田 絵梨花(いくた えりか)

学歴は?
  • 大学:東京音楽大学
  • 高校:東京音楽大学附属高校
  • 中学:文京区立 音羽中学校

 

家族構成は?

父・母・姉・生田絵梨花の4人家族

 

実家は?

東京都文京区





スポンサーリンク

学歴

 スピークバディ パーソナルコーチング

大学

  • 東京音楽大学(名門)➡ 中退
  • 音楽学部・ピアノ学科
  • 偏差値:45

ちらほら「大学、休学中」とういうネット情報を見かけます。

この大学「東京音楽大学」の休学期間は規定により「2年間」と定められています。

ところが既に2年間の休学期間がす過ぎてしまってたようです。

そのため本人の口からハッキリと「中退した」とは明言されていませんが、中退していると思われます。

 

高校

  • 東京音楽大学附属高校
  • 音楽科
  • 偏差値:52

高校3年間「合唱授業」を選択し、チャリティーコンサートにも毎年出場。

高校時代は活躍量が多く、乃木坂の活動以外にも

  • 2012年:映画「ハンガー・ゲーム」日本語吹き替えの声優を務める。
  • 2013年:「ビブリア古書堂の事件手帖」で女優デビューを果たす。
  • 2014年:ミュージカル「虹のプレリュード」で主演を務めた。

 

ハードスケジュールで睡眠時間が1時間の日もあったそう。

1分でも長く寝るため「朝は食パンをかじりながら」登校していた。

大学受験のため3ヶ月間だけ「芸能活動を休止」するも「何度目の青空か?」で、初のセンターとして復帰。

 

中学

文京区立 音羽中学校

  • 中学生の時に、乃木坂46のメンバーとなる。
  • 芸能活動で多忙の中、ピアノコンクールにも出場。
  • 学級委員を務めるなど真面目で優秀な生徒だった。

中3:乃木坂1期生オーディションに合格し「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。

この頃の立ち位置はまだ後ろでした。

乃木坂のデビューと、中3の受験勉強と重なり「忙しすぎて笑顔を忘れていた」という程、多忙な毎日を送っていたという。

中学の定期試験は「学年トップ」しかも学級委員。

  • 部活:日本文化部(部長)
  • 実用英語技能検定2級
  • 日本漢字能力検定準2級
  • 実用数学技能検定3級
  • 書道検定準7段
  • 語彙・読解力検定3級
  • 書画展でも金賞受賞

 

「乃木坂46」加入前の習い事がエグい!

  • 月曜:数学
  • 火曜:クラシックバレエ
  • 水曜:習字
  • 木曜:英語
  • 土曜日:ピアノ
  • 日曜:クラシックバレエ
一週間ずっと習い事…

中3の時にグランドピアノを買ってもらい、音楽の道へ進みたいと考えていたそうです。

そこに「乃木坂46・1期生オーディション」があることを知り見事合格。

 

 

家族構成




Hanayume(ハナユメ)

父・母・姉・生田絵梨花の4人家族

 

  • 生田大朗
  • 一橋大学卒業
  • KDD(現KDDI)に入社

1995年~KDDドイツ現地法人で新規事業立ち上げに関わる。

その後、日本に帰国し「シスコシステムズ」で手腕を振るう。

本社:アメリカの超大手企業「シスコシステムズ」社員

世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社

  • 役職:マーケティング本部・マネージャー

超エリートなお父さんですが、ユーモアたっぷりな一面もあるようです。

「乃木坂工事中」で「お父さん作」のキャッチフレーズを公表。

常識なき、ミュージカル大好き、変人ピアノ女子

と考案したようです。

「生田絵梨花」自身も、超個性的アイドルで有名ですが、身近にいるお父さんも娘の魅力を120%理解しているようです。

 

鹿児島県出身

お母さんも面白い人

4歳からピアノを習ってきた「生田絵梨花」が「アンジェラ・アキ」の弾き語りをテレビで観ていて。

あっ自分も将来、ピアノで弾きながら歌ってたいな!

それを聞いたお母さん。

じゃあ、あなたも将来「アンジェラ・コアキ」になりなさい!

コアキって…ねぇ

 

以前、番組で

実家は金持ちか?

と聞かれた時、そんなことはない!と否定しながら…

グランドピアノは防音室に置いてある

と告白しました。

金持ちじゃない家に防音室はありません…

 

兄弟

  • 姉:2歳上
  • 東京大学
  • 理科一類(スーパー秀才)

 

生田絵梨花

  • ピアノ:「小室哲哉」に絶賛される腕前
  • 歌:GLAY「TERU」に誉められる歌唱力

ドイツのデュッセルドルフで生まれる

  • 4歳:ピアノを習い始める
  • 5歳~:東京へ
  • 6歳:ミュージカル「アニー」の影響でミュージカル女優を目指す
  • 10歳:ミュージカル「ココ・スマイル5 〜明日へのロックンロール〜」で初舞台
  • 中3:グランドピアノを買ってもらう
  • 中3:乃木坂・1期生オーディションに合格
  • 中3:ぐるぐるカーテンでCDデビュー
  • 高3:大学進学のための準備期間として一時休業
  • 高3:「残念な夫」でTVドラマ、初レギュラー出演
  • 大1::初のソロ写真集「転調」発売(2016年の写真集部門1位獲得)
  • 大2:ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」「レ・ミゼラブル」でミュージカル女優として評価され、第8回岩谷時子賞奨励賞を受賞
  • 21歳:2ndソロ写真集「インターミッション」が初版20万部、講談社創業以来「女性ソロ写真集」として史上最多の初版部数を記録
  • 乃木坂メンバーのソロ写真集の中でも過去最多初版部数も記録
  • 22歳:オリコン週間BOOKランキングで初登場1位・女性ソロ写真集の初週売上歴代1位
  • 23歳:ミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド〜汚れなき瞳〜」出演
  • 23歳:期間限定でInstagram開設

 

 

実家

 

 新車カーリースなら 定額ニコノリパック

 

東京都文京区(5歳~現在)

出身地:ドイツ・デュッセルドルフ(0歳~5歳)

1期生の「生田絵梨花」はドイツ出身の生粋のお嬢様です。

当時はドイツ語がペラペラで「家では日本語、幼稚園ではドイツ語」を使い分けていたそうです。

しかし、今はドイツ語を忘れてしまったようですね。

常識では考えられない程の「豪邸&高級住宅街」に実家があります。

ドイツ出身のため「日本とドイツのハーフ」ではないか?と勘違いしてしまう人は多いようですが…

異国の「お姫様オーラ」を感じますが、ハーフではなく日本人の両親から誕生した純粋な日本人です。

 

デビューシングルから、選抜メンバーに選ばれ1列目を担当。

その後も選抜入りの常連となります。

選抜入りを辞退した「夏のFree&Easy」を除けば「夜明けまで強がらなくてもいい」までにリリースされたシングル全てで選抜メンバーに。

「夏のFree&Easy」の後にリリースされたシングル「何度目の青空か?」では、自身初のセンターに抜擢。

 

 

三浦春馬との関係性

 

 大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

「三浦春馬」の訃報受けて番組中に涙ぐむ一幕があった。

訃報を「受け止めきれません」 と生放送で涙の演奏をした。

ただならぬ関係なのか?と思ってしまう程ですが…

ミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド~汚れなき瞳~」で「三浦春馬」と共演。

「三浦春馬」の訃報受を聞いて、ひどく落ち込み過呼吸になったそうです。

関係者は「このままTBSに向かうことは不可能」と判断し、休ませることにしたようです。

その日に生放送の音楽特番「音楽の日」を体調不良のため欠席しています。

その後のコメントで

今はまだ、受け止めきれないと…

強く前に進めないけど、渡してもらったものを一生懸命、繋いでいかなきゃ

とコメント。

言葉にできない、抱いているものは全て、自分の人生かけて魂に込める

と決意を言葉にしていました。

三浦春馬さんから沢山吸収させていただきながら、皆さまの心にお届けできるよう精一杯務めます

とコメントを発表しましたね。

「三浦春馬」の歌や演技に魅了されていたようです。

そんな彼から、今回のミュージカルを一緒に頑張ろう!と声をかけてもらったことが、本当に嬉しかったそうです。

「三浦春馬」は感情表現が豊かでオープンな性格でした。

誰とでも「分け隔てなく紳士的」に接する態度を「生田絵梨花」は尊敬していたようです。

ちなみに

「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド~汚れなき瞳~」は1,000回を超える、ロングランを記録した大ヒットミュージカルのこと。

ロングラン公演だったことで、同じ時間を共有し仲良くなっていたんでしょうね。

 

 

性格

 

 ミュゼ/Lパーツ2カ所×3回《100円》両ワキ+Vライン付

生まれも育ちも完璧なお嬢様ですが

環境に頼ることよりも、鍛錬を欠かさない努力家

ピアノを1日10時間以上練習、自身の力で才能を開花させているタイプです。

休息時間も全く取れない日もあり、たった「1時間ほどの睡眠と栄養ドリンク」で補給して、仕事をこなしていたと言われています。

外見・内面共に可憐なお嬢様でありながら「生田絵梨花」のガッツは、世間の男性を軽く凌駕するほどの熱いハートの持ち主だった。

 

「三浦春馬」との「共演と訃報」を聞いた時の、対応などから性格は…

  • 純粋
  • 努力家
  • 人間味あふれる
  • とにかく優しい
  • そのため感情移入しやすい
  • だから傷付きやすい

こういう感じに見受けられる。

気持ちよりも先に「頭で考えてから行動する」人が多い中、真っ先に感情を表に出せる!そんな姿に共感したファンは多いでしょう。

訃報を聞いて

ひどく落ち込み・過呼吸になり・涙ぐみ・特番を休む

なんてこと、チョット出来る事じゃない。

でもそれを頭で受け止めたんじゃなく、心が感じた!

そんな、真っすぐな「生田絵梨花」に尊敬さえ感じる。





スポンサーリンク

割と人気