緊急事態

「緊急事態宣言」子供が安心して遊べる場所は?母子家庭の救済も!

スポンサーリンク




こんにちは! シンジです。

ついに「緊急事態宣言」が…

「ダイヤモンドプリンセス」の時は、自分には関係のない事!と高をくくっていた。

まさか世界中に拡大するなんて、思いもしていなかった!

 

しかしこの日は訪れた。

もう受け入れるしかない!どこにも逃げ場はないのだから…

 

今回は「子供が安心して遊べる場所」がないか?

「母子家庭の救済措置」について調査・解説して行こうと思います。

 

難しい言葉や、長ったらしい言い回しはナシ!

単刀直入に、ハッキリと分かり易く!

 

タイトルにもある通り

 

【「緊急事態宣言」子供が安心して遊べる場所は?母子家庭の救済も!】

 

  • 「緊急事態宣言」子供が安心して遊べる場所は?
  • 「緊急事態宣言」母子家庭の救済も!

 

この2つの項目に分けて行きます。

それでは本題へ入っていきましょう!

緊急事態宣言で仕事休みで生活費は?住宅ローンや光熱費の優遇措置も!





スポンサーリンク

「緊急事態宣言」子供が安心して遊べる場所は?

 

「緊急事態宣言」子供が安心して遊べる場所は?母子家庭の救済も!7

 

  • 屋内の施設

ほとんどない! と思っておいた方が、いいでしょう。

 

  • 屋外

公園や河川敷がおススメです。

 

ではその理由は?

 

「緊急事態宣言」が発令されると都道府県の知事に、色んな権限が与えられます。

 

その一例として…知事は

映画や音楽・スポーツ施設などの、使用の制限や停止、イベント開催の制限や停止などを「要請」できる。

 

具体的な施設は?

  • 劇場
  • 映画館
  • 百貨店
  • スーパーマーケット
  • ホテル
  • 旅館
  • 体育館
  • 水泳場
  • ボーリング場
  • 博物館
  • 美術館
  • 図書館
  • ナイトクラブ
  • ダンスホール
  • 理髪店
  • 質屋
  • 貸衣装屋
  • 自動車教習所
  • 学習塾

 

これらの施設を「営業しないで下さい」と「要請」出来ます。

これまでの流れから「要請」を受けた施設は、営業しないでしょう!

「臨時休業」となりお店は閉まっていることになります。

 

こう言う理由から「屋内施設」で遊べる場所は、ほとんどない! と思っておいた方がいい!ということです。

 

とは言え1日や2日なら、我慢も出来るでしょう…

大人なら我慢もしましょう。

しかし子供に1カ月もの間、我慢させることは不可能ですから、屋外で遊ばせてあげて下さい! というのはこういう理由です。

 

ちなみに「緊急事態宣言」の予定期間は1カ月です。

 

「緊急事態宣言」母子家庭の救済も!

 

「緊急事態宣言」子供が安心して遊べる場所は?母子家庭の救済も!8

 

  • 「現金給付」 1世帯30万円 

この制度を最大限に活用して下さい。

 

では詳細の説明をして行きますよ。

この制度を受けるにはどうしたらいいの?

 

「自己申告」が必要です。

 

どこに申告するの?

 

市町村などの窓口です。要は役所!

 

何が必要?

 

給与明細など、収入が減ったことを証明する書類が必要

 

原文を一応、記載しておきます。

政府の原案によると、給付対象は、世帯主の2月以降の月間収入が1月以前と比べて減少し、年収換算で個人住民税非課税の水準まで落ち込む場合。

東京23区内に住む会社員で単身世帯は年収100万円以下、専業主婦と子ども2人の4人世帯では年収約255万円以下だと住民税が非課税となる。

一方、住民税を課される収入があっても、急激な客足の減少などで月収が半減した人は給付される。

収入(年収換算)が住民税非課税水準の2倍以下であることが条件。

 

読んでも分かりませんね!

自分が給付の対象なのか? どうなのか?

役所に行って確認するのが、一番早い!

 

その時、持って行くものは?

  • 身分証明
  • 印鑑
  • 給料明細

 

まとめ

 

簡単にまとめていきますよ!

今回のタイトル

【「緊急事態宣言」子供が安心して遊べる場所は?母子家庭の救済も!】

 

  • 「緊急事態宣言」子供が安心して遊べる場所は?
  • 「緊急事態宣言」母子家庭の救済も!

 

この2つでしたね。

「緊急事態宣言」子供が安心して遊べる場所は?

 

  • 屋内の施設は、ほとんどない!
  • 屋外は、公園や河川敷がおススメ!

 

「緊急事態宣言」母子家庭の救済も!

 

「現金給付」 1世帯30万円

この制度を受けるために

  • 身分証明
  • 印鑑
  • 給料明細

を持ってまず役所に行きましょう!

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。





スポンサーリンク