芸能

工藤阿須加の学歴や事務所はどこ?父・母・兄弟の家族構成がスゴい!

工藤阿須加の学歴や事務所はどこ?父・母・兄弟の家族構成がスゴい!1

スポンサーリンク




こんにちは、シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

  • 父:工藤公康(くどう きみやす)
  • 元プロ野球選手
  • 第20代ソフトバンク監督
  • 妹:工藤遥加(くどう はるか)
  • 現役プロゴルファー

2012年のドラマ「理想の息子」が俳優デビュー作です。

ドラマだけでなく朝の情報番組など、様々なテレビ番組にも出演中。

  • その爽やかなルックス
  • 礼儀正しい紳士的な態度
  • 女性を中心に人気を集めています。

今回はそんな「工藤阿須加」を取り上げて行きます。

それでは本題へ入って行きましょう!





スポンサーリンク

工藤阿須加の学歴

出身高校:東京学館高等学校

  • 偏差値:62
  • コース:普通科S特進コース

テニスで関東大会に出場する実力の持ち主です。

テニス部の練習が、かなり厳しかったようでテニスに明け暮れた高校時代を送ったようです。

肩の怪我が原因でプロは断念しました。

 

出身大学:東京農業大学

  • 偏差値:37,5~55
  • 学部:不明
出身有名人は?
  • 井岡一翔:ボクサー
  • 井口和朋:プロ野球選手
  • 稲嶺誉:元プロ野球選手
  • 永井大:俳優
  • 円子宏:元プロ野球選手
  • 梶野智:元サッカー選手
  • 梶野智幸:元サッカー選手
  • 吉原正平:プロ野球選手
  • 吉川ゆうみ:参議院議員

 

 

工藤阿須加の事務所

パパドゥ

所在地:渋谷

所属タレントは?
  • 瑛太
  • 江口洋介
  • 伊武雅刀
  • 濱田マリ
  • 風吹ジュン

 

 

工藤阿須加の家族構成

 

父・母・工藤阿須加・妹・妹・妹・弟の7人家族

 

5人兄弟の長男

 

父:工藤公康

プロ通算成績は?
  • 224勝
  • 2859奪三
  • 防御率3,45

 

プロ野球史に名を残す人物です。

成績だけでも凄いのに…それ以上に凄かったのが「現役通算年数」です。

普通はプロ野球選手の平均選手寿命は「9年」と言われている中

「29年」現役で活躍しました。

2015年~ソフトバンクの監督に就任。

就任早々2015年には日本一に輝くなど、すでに日本球界を代表する指導者にもなりました。

 

母:工藤雅子

  • 職業:元栄養士
  • 「ミス水戸」に選ばれた美人だそうです。

 

長女:遥加(はるか)

  • 職業:プロゴルファー
  • プロ:19歳~

12歳の頃からゴルフを始め2011年にプロテストに合格

ゴルフを始めた理由は?

野球であまり会えないお父さんと「会話が増えれば」と思ってゴルフを始めたんだそうです。

お父さんの趣味はゴルフ

 

5人兄弟

  • 長男:阿須加(あすか)
  • 長女:遥加(はるか)
  • 次女:阿弥香(あやか)
  • 三女:阿偉(あい)
  • 次男:拓也(たくや)

 

 

まとめ

工藤家ルール

現役時代のお父さんは帰宅時間が遅かったので、お昼ぐらいまで寝ていることが多かった。

ナイターが終わって帰ると…かなり遅い時間。

そのため朝は出来るだけ「物音を立てない」ようにするのがルールだったようです。

どんな家庭を築きたい?

役者をやっているので、土日休みで子どもと一緒に旅行に行ったりできないと思っている。
だから、平日休みがあったら「いいよ学校休んで」と言って一緒に旅行に行ったり、
できるだけ家族の時間をたくさん作って、いつも笑ってみんなで楽しく過ごしたい」

引用元:サンスポ

いいお父さんになりそう。

 

工藤阿須加の仕事が途切れない理由

ドラマや映画など俳優として「仕事が途切れない男」として業界では有名だという。

主役を張る程の俳優ではないが…

脇役を誰にしようか?

と悩んだ時は、ちょくちょく名前が挙がるそうです。

父は元プロ野球選手で第20代ソフトバンク監督

有名人2世タレントによくある「悪いウワサ」は聞かない。

と関係者の間では有名。

  • 長男「阿須加」
  • 長女「遥加」を
  • 特に厳しく育てたそうです。

そのおかげで「阿須加」には

  • 2世タレントにありがちな
  • 「勘違い」「空気が読めない」

といった「おバカ」な感じは一切ないそうです。

むしろ周りがよく見えるタイプと聞く。

役者として何が求められているのか…

即座に感じ取れるタイプだそうです。

そういった事もあり「仕事が途切れない」そうですよ。

以上で終わり。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう!





スポンサーリンク