芸能

三浦春馬の年収やTVドラマのギャラは?家族構成と出身高校の学歴も

三浦春馬の年収やTVドラマのギャラは?家族構成と出身高校の学歴も1

ザックリ年収

  • 2016年 180万円
  • 2017年 1,260万円
  • 2018年 1,670万円

計算方法は「映画」「ドラマ」「TV番組」「舞台」「CM」などの出演本数を調べます。

収入の大きなものにスポットを当てて計算していきます。

出演本数に調べておいた、ギャラ単価を掛けて合計して行きます。

例えば映画の場合「主演」「出演」ではギャラ単価が違ってきます。

しかし、ここでは最終目的の年収がいくら?

になるかを調べるために、ザックリこの位として計算していきます。

細かい収入は省略していますので、少なくてもこの位はあるのではないか?

それでは本題へ入っていきましょう。





スポンサーリンク

三浦春馬の年収


2016年:180万円

  • TVドラマ 1本

わたしを離さないで

  • 舞台 1本

キンキーブーツ

 

2017年:1,260万円

  • TVドラマ 2本

おんな城主 直虎(大河ドラマ)
オトナ高校

  • CM 1本

ソフトバンク「X peria XZ」

 

2018年:1,670万円

  • 映画 3本

銀魂2 掟は破るためにこそある
SUNNY 強い気持ち・強い愛
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

  • TVドラマ 4本

世にも奇妙な物語
tourist ツーリスト x3

  • WEBドラマ 3本

tourist ツーリスト x3

  • TV番組 2本

世界はほしいモノにあふれてる
「大いなる鉄路 16,000km走破 東京発→パリ行き」ナレーション

 

三浦春馬のTVドラマのギャラ



 

130万円

 

ギャラ単価

  • 映画ギャラ単価= 220万円
  • TVドラマギャラ単価= 130万円
  • WEBドラマギャラ単価= 130万円
  • TV番組ギャラ単価= 50万円
  • 舞台ギャラ単価= 50万円
  • CMギャラ単価=1,000万円

 

2016年内訳

  • TVドラマ1本 x 130万円=130万円
  • 舞台 1本 x 50万円=50万円
  • 合計 180万円

 

2017年内訳

  • TVドラマ 2本 x 130万円=260万円
  • CM 1本 x 1,000万円=1,000万円
  • 合計 1,260万円

 

2018年内訳

  • 映画 3本 x 220万円=660万円
  • TVドラマ 4本 x 130万円=520万円
  • WEBドラマ 3本 x 130万円=390万円
  • TV番組 2本 x 50万円=100万円
  • 合計 1,670万円

 

三浦春馬の家族構成



 

父・母・三浦春馬の3人家族
  • 再婚後の父:笹本賢一
  • 母:笹本真弓
  • 三浦春馬:本名:笹本春馬

本当のお父さんとは、小さい頃に離婚しています。

三浦春馬が中学生の時、お母さんが再婚して今の「笹本」となったようです。

離婚した前のお父さんが「三浦」ということですね。

 

 

三浦春馬の学歴


出身小学校

茨城県土浦市立真鍋小学校

 

出身中学校

茨城県土浦市立第二中学校

 

出身高校

  • 堀越高校
  • トレイトコース
  • 偏差値:38

中学卒業後、芸能活動と通学のために、上京しました。

 

出身大学

芸能活動に専念するため、大学には進学していません。

 

まとめ




気になる年収は!

  • 2016年 180万円
  • 2017年 1,260万円
  • 2018年 1,670万円

となっていました。

お気付きでしょうか?

2016年の収入が少ない理由

仕事量が激減しています

2016年はほとんど仕事がありません。

「仕事がない」というよりは、調整していた?と思えますね。

2016年:三浦春馬と菅原小春の交際が報道されました。

2017年:菅原小春との交際の破局前、3ヶ月間イギリス留学しています。

交際の疲れから日本を離れたかったのでは?

という声が多いようですが、真相は分かりません。

3ヶ月間のイギリス留学から帰国後、菅原小春と破局しています。

2016年の収入は三浦春馬の人気とキャリアを考えても少なすぎますね。

絶頂期は過ぎたものの、不動の人気を誇っています。

ちなみに2005~2010年の6年間の絶頂期は、CM契約だけで12本ありますからね。

CMの収入だけで、軽く億越えでしょう!

2008年と2010年には写真集の発売もありました。

それなりに蓄えもあったと思います。

以上で終了です。

また別の記事でお会いしましょう。





スポンサーリンク