人物

小川彩佳の家族構成と生い立ちは?父と弟の経歴もやっぱり華麗!

小川彩佳の家族構成と生い立ちは?父と弟の経歴もやっぱり華麗!1

スポンサーリンク




家族構成は?
  • 父・母・小川彩佳・弟の4人家族
  • 結婚相手:豊田剛一郎(医師)

2017年に嵐の「櫻井翔」との熱愛で、一躍注目された美人アナウンサーがこの「小川彩佳」

結婚秒読みと言われていた「小川彩佳と櫻井翔」は2018年に破局。

その直後「すでに出会っていた」一般男性との電撃結婚と退社を2019年発表。

この「すでに出会っていた」に関しては賛否両論あるようで、要は「二股」してたんでしょ!

と言う声が多数ありますが、真相は闇の中へ。

それでは本題へ入って行きます。





スポンサーリンク

小川彩佳の家族構成

小川彩佳の家族構成と生い立ちは?父と弟の経歴もやっぱり華麗!2

 

父・母・小川彩佳・弟の4人家族

 

  • 小川 郁(おがわ かおる)
  • 医師

 

専業主婦

 

長女

小川彩佳(おがわ あやか)

 

長男

医師

 

結婚相手:豊田剛一郎

  • 豊田剛一郎(とよだ ごういちろう)
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1984年5月23日(小川彩佳と同い年)
  • 最終学歴:東京大学医学部
  • 職業:実業家・医師
  • 父:元大蔵官僚 元衆議院議員の豊田潤多郎
  • 祖父:宮崎神経科 嵯峨病院 創立者

結婚に踏み切れない「櫻井翔」に見切りをつけて…

結婚した一般男性も、やはり想像通り「一般庶民」ではありませんでした。

 



小川彩佳の生い立ちと経歴

小川彩佳の家族構成と生い立ちは?父と弟の経歴もやっぱり華麗!3
  • 1985年:東京都で生まれる
  • 1991年6歳~8歳:父の仕事の都合で「アメリカ ミシガン州」で過ごす
  • 帰国後:青山学院一貫校出身の内部進学組です
  • →青山学院初等部(小)
  • →中等部(中)
  • →高等部(高)
  • →内部進学で青山学院大学(国際政治経済学部 国際政治学科)
    外部進学の偏差値65前後の難関校です。
  • 大学2年生:学科内成績最優秀者として「学業奨励賞」受賞
    ちなみに「学業奨励賞」を受賞した学生には「返さなくていい奨学金」が与えられます。
  • 大学在学中:スペインに短期留学(スペイン語検定4級取得)
  • 2007年22歳:大学卒業後 → テレビ朝日 入社
  • 入社1年目:田原総一朗の報道番組「サンデープロジェクト」の司会に抜擢される
  • 2011年26歳:報道ステーションの3代目サブキャスター担当
  • 2017年32歳:櫻井翔との熱愛 発覚
  • 2018年33歳:報道ステーション 卒業
  • 2018年33歳:「AbemaTV」のAbemaNewsの帯番組「AbemaPrime」のキャスターに就任
  • 2019年34歳:「AbemaPrime」のキャスター 降板
  • 2019年34歳:結婚のためテレビ朝日 退職
  • 2019年34歳:NEWS23(TBS)のメインキャスターを担当
  • 2020年35歳:産休に入る

 



父の経歴

小川彩佳の家族構成と生い立ちは?父と弟の経歴もやっぱり華麗!4
  • 小川 郁(おがわ かおる)
  • 職業:医師
  • 1974年19歳:宮城県仙台第一高等学校 卒業
  • 1981年26歳:慶應義塾大学医学部 卒業
  • 1983年28歳:慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科 助手
  • 1991年36歳:ミシガン大学クレスギ聴覚研究所 研究員
  • 1995年40歳:慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科 専任講師
  • 2002年47歳:慶應義塾大学教授&慶応医師会会長
  • 専門分野:耳鼻咽喉科学・聴覚医学・頭蓋底外科
    多数の著書出版やTV番組にも出演実績あり

 



弟の経歴

小川彩佳の家族構成と生い立ちは?父と弟の経歴もやっぱり華麗!5
  • 職業:医師
  • 3歳年下

子供の頃は、弟と「取っ組み合いの兄弟ゲンカ」をしたこともあると聞いて、なぜか安心しました。

見た目と雰囲気から「お上品で清楚」としか言いようのない姿からは、想像も出来ませんでしたが、そんな一面があった事に「ホッ」と、肩をなでおろした今日この頃でした。

 



 

 

まとめ

小川彩佳の家族構成と生い立ちは?父と弟の経歴もやっぱり華麗!6

叔父もエリート

  • 叔父:小川彰(おがわあきら)
  • 岩手医科大学学長&理事長
  • 父:大学病院の教授
  • 弟:医師

これを「エリート一族」と呼ばずして何と呼ぶ。

以上で終了です。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう。





スポンサーリンク