旅行

ヨーロッパ旅行に必要な荷物は?リュックひとつで長期滞在も可能!

スポンサーリンク




こんにちはシンジです。

シンジのヨーロッパ 1人旅ブログへお越しくださり、ありがとうございます!

 

初めてのヨーロッパ旅行は、ドイツに一人旅

 

この記事を読んでいるあなたは、きっと何か大きな出来事があり、重大な決断をしたんだと思います!

 

特に理由などないけど、どこか行ったことのない国へ行ってみたい!と思っているのかもしれませんね。

 

そんなあなたに持ってこい!の身軽にふら~っと思い立ったらすぐに、一人旅に出掛けられるように必要最低限の荷物を紹介しましょう。

 

そこで今回のタイトルテーマは!

 

【ヨーロッパ旅行に必要な荷物は?リュックひとつで長期滞在も可能!】

 

● ヨーロッパ旅行に必要な荷物は?

● ヨーロッパ旅行に「リュックひとつ」で長期滞在も可能にする必要最低限の荷物は?

● まとめ

 

 

リュックひとつで行けたら…空港で荷物を預ける必要もなく「紛失したり」「盗難にあう」心配も少なくなります。

おまけに現地ではスーツケースがない事で、あからさまに「旅行者です」と言う雰囲気も薄くなるので、スリ被害のあうリスクも減らせます。

 

それでも自己管理は、しっかりして下さいね。

行動範囲も格段に広くなるので「動きが制限されない」「自由に好きな場所」に行きやすくなります。

 

長期滞在を可能にする必要最低限の荷物「着替え」「身の回りの物」など、細かく説明していきます。

 

それでは本題へ入っていきましょう!





スポンサーリンク

ヨーロッパ旅行に必要な荷物は?

 

絶対に必要な物

 

  • パスポート
  • クレジットカード2枚
  • eチケットのコピー
  • 海外旅行傷害保険証
  • スマホ
  • 現地Sim

 

 

  • パスポートは問答無用で必要

 

  • クレジットカードは最低でも2枚は必要

「Viza」&「Master」のようにカードブランドが違う方がいいですよ。

持っていない方は 「Viza と Viza」または「 Master と Master 」みたいな組み合わせでも1枚よりは断然マシです。

なぜなら万が一、使用上限額に達したり…決済できない場合も想定して2枚持って行くことをおススメします。

現地通貨をクレジットカードでキャッシングしたり、クレジット決済していくと意外と思っている以上に、使用頻度が高くなって1枚では心配なので…

おススメと言ってますが、鉄則と思っておいた方が無難なレベルですよ。

出国前に日本で限度額の確認はしておいた方がいいですね。

 

 

  • eチケットのコピー

「Googleドライブ」や「Wallet」などのアプリに保存した上で、なおかつ紙で持っておいて間違いありません。

 

 

  • 海外旅行傷害保険証

万が一に備えて、紙で持っておく事をおススメします。

カスタマーセンターへ連絡すれば郵送してもらえます。

 

 

  • スマホは必要

 

 

  • 現地Sim

現地でも購入できますが、おススメは「Amazon」で前もって購入して行く方が安心ですね。

これは好みに合わせて、どちらでも良いと思います。

 

 

 

ヨーロッパ旅行に「リュックひとつ」で長期滞在も可能にする必要最低限の荷物は?

 

持っていれば無駄な出費が抑えられるので、お財布には優しいですが持って行かなくても現地購入出来るので、お金に余裕のある方や準備する事さえ「めんどくさい方」は手ぶらに挑戦してみますか?

 

あると便利

 

  • 南京錠(暗証番号式が便利)
  • 写真2枚(運転免許や履歴書サイズで可)
  • ボールペン
  • モバイルバッテリー
  • スマホの充電器
  • USB ケーブル(2m)
  • コンセント変換プラグ
  • ひげ剃りシェーバー
  • 服用中の薬など
  • 爪切り
  • 歯磨きセット
  • クレジットカードの海外旅行保険のしおり
  • 虫よけスプレー(ミスト式)
  • Tシャツ 3枚
  • ロンT 2枚
  • パンツ 3枚
  • くつ下 3枚
  • パジャマ上下セット(長袖・長ズボン)
  • タオル 1枚
  • リュック

 

 

 

あると便利な理由は?

 

  • 南京錠(暗証番号式が便利)

「カギ式」はカギ自体も持ち歩かなくてはいけない上に、鍵自体の紛失の可能性もあるので暗証番号式が断然おススメ。

 

  • 写真2枚(運転免許や履歴書サイズで可)

写真はビザが必要な国へ、急に行きたくなった時に必要になるかもしれないので一応予備として。

 

  • ボールペン

空港などで何かと必要になります。

 

  • モバイルバッテリー

スマホのバッテリーは、GPS利用で日本にいる時より格段に消耗します。

 

  • スマホの充電器はいるでしょう

 

 

  • USB ケーブル(2m)

ホテルによっては意外な所にコンセントがあって、充電する時に短くて困ることもあるので長めがおススメ。

 

  • コンセント変換プラグ

日本と海外ではコンセントの形状が全く違うので、そのまま使えない事も時々あります。

最近では、ホテル全体のコンセントが「世界共通仕様」になっている所もあるようですが、全てではないので持っていた方が安心です。

私が泊まったホテルでも、そのまま使えない事が何回かありましたよ。

電圧も「220v~240v」と日本より高いので持って行った製品の対応電圧が「100v~240v」みたいに何ボルトまで対応しているのか確認して下さい。

製品の裏に書いてます。

対応していれば、そのまま普通に使えます。

 

 

  • ひげ剃りシェーバー

ホテルのT字でも代用可

 

  • 服用中の薬など

「胃薬」「かぜ薬」「頭痛薬」好みでチョイスして下さい。

 

  • 爪切り

身だしなみのために…

 

  • 歯磨きセット

安いホテルだとない事もあるので、一応持参しておいた方が安心。

 

  • クレジットカードの海外旅行保険のしおり

クレジットカードのしおりの中には、万が一の連絡先などの情報がたくさん書かれていて、持って行けば必要になりそうな番号を書き出す手間も省けませんか?

「国際電話のかけ方」「コレクトコールの番号」「電話のかけ方」などの解説もあって、万が一の時は重宝すると思いますよ。

 

  • 虫よけスプレー(ミスト式)

今回のテーマが「リュックひとつで」と言う事なので、荷物は機内持ち込みです。
なので機内持ち込みの規定は「100ml」以下なので「100ml」以下の物を選んでく下さい。

おススメは「フマキラーおたすけベープ」です。

 

  • Tシャツ 3枚

おススメは「ユニクロのエアリズム」

部屋の洗面所で洗って室内干しでも、すぐに乾きます。

おまけにかさばらない!

これは優れ物ですよ。

 

  • ロンT 2枚

お好みでOK

 

  • パンツ 3枚

お好みでOK

 

  • くつ下 3枚

お好みでOK

 

  • パジャマ上下セット(長袖・長ズボン)

朝夕は冷え込むので「日本の秋」くらいで、丁度いい感じです。

 

  • タオル 1枚

なにかと重宝します。

 

  • リュック

バックパッカーの様な大きいサイズは必要ありません。

これらの荷物が入れば、どんなサイズでもOK!

ちなみに私は2週間のヨーロッパ旅行では、Amazonで買った1,500円の「47cm x 38cm x 18cm 」の小さなサイズで行きました。

ランドセルより少し大きいくらいです。

 

 

まとめ

 

季節によって着替えなどの量も変わってくるので、参考までに私の行った時期などと照らし合わせて準備して下さい。

 

「5月のGW明け」にドイツとイタリアに2週間でした。

 

この時期の気候は日本の「秋」のイメージですね。

 

  • 朝の最低気温が冷え込む日で6°c
  • 日中の最高気温が24°c

 

服装は「スニーカー」「デニム」「半袖Tシャツ」の上に「モンベルのライトダウン」って感じのラフでいて、なおかつ機能性重視のスタイルです。

 

荷物を減らすコツは、必要なものだけ持って行く!

1番かさばる服類(下着)はホテルで自分で洗って干す事です。

手間を惜しんではダメ!

 

ズボンや上着の着替えは一切、持って行かない!

そんなに汚れるものでもないし、必要なら買えばいいや!くらいの気持ちで…

 

今回は、この内容でお届けしました。

 

【ヨーロッパ旅行に必要な荷物は?リュックひとつで長期滞在も可能!】

 

● ヨーロッパ旅行に必要な荷物は?

● ヨーロッパ旅行に「リュックひとつ」で長期滞在も可能にする必要最低限の荷物は?

● まとめ

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。





スポンサーリンク