旅行

ヨーロッパで海外旅行傷害保険は自動付帯する?お得なカードも紹介!

スポンサーリンク




こんにちはシンジです。

「シンジのヨーロッパ 1人旅ブログ」へお越しいただき、ありがとうございます!

 

初めてのヨーロッパ旅行は、ドイツに一人旅でした。

 

今回のタイトルテーマのキーワードに選んだのは!

 

【ヨーロッパで海外旅行傷害保険は自動付帯する?お得なカードも紹介!】

 

● ヨーロッパでもクレジットカードの海外旅行傷害保険の自動付帯は利用できる?

● クレジットカードの海外旅行傷害保険の利用付帯を利用する

● 空港で海外旅行傷害保険に加入する

● まとめ

 

 

こんな感じに区切って解説して行きます。

 

海外旅行中に「ケガや病気」になってしまったら…

風邪などで市販薬を買って、ホテルで大人しくしていれば良くなるような場合なら、それでもいいかもしれませんね。

でももし骨折や高熱で病院に行かなければならない場合は?

あなたは我慢しますか?

普通は病院へ行きたいですよね。

でも、ちょっと待って!

保険に加入してますか?ってなりますよ。

保険って、なに?

海外では病院代が高額です!

 

参考までに

 

  • アジア 300~500万円
  • オーストラリア 400万円
  • ヨーロッパ 400~600万円
  • アメリカ 1000万円以上

 

 

数十万円なんてことは、ざらにあります。

高ければ数百万円!なんてことにもなります。

しかも「現地通貨」で支払うのが基本なので、現実的には相当なハードルです。

そんな高額な支払いや、現地通貨の用意はまずむりでしょう。

 

不測の事態に備えて海外旅行中の保険に入っておく必要があります。

 

一般的には「出国前に日本の空港」でお金を払って加入するパターンとクレジットカードに付帯する保険を利用するパターンが多いです。

今回は海外旅行中の保険について解説していきます。





スポンサーリンク

 

ヨーロッパでもクレジットカードの海外旅行傷害保険の自動付帯は利用できる?

 

自動付帯とは?

 

そのカードを「持っているだけで」トラブルが起こった時「保証を受ける事が出来る」事を自動付帯と言います。

持っているだけで良い!って凄くないですか?

 

本当に持っているだけでいいので一番現実的です。

2~3枚カードを持っていれば、保証の上限額も増える上にそれぞれのカードの保証の少ない部分を2枚目のカードでカバーしたり、手厚い保証が受けられるような組み合わせがカードの種類と枚数、次第で自由自在です。

 

 

 

海外旅行保険が自動付帯で年会費無料のカード

 

  • 「エポスカード」

死亡・後遺障害:500万円
病気:270万円
ケガ:200万円
救護者費用:100万円

 

  • 「レックスカード」

死亡・後遺障害:2000万円
病気:200万円
ケガ:200万円
救護者費用:200万円

 

  • 「Exciteマスターカード」

死亡・後遺障害:2000万円
病気:200万円
ケガ:200万円
救護者費用:200万円

 

 

 

キャッシュレス診療とは?

 

本来なら自分で現地通貨で全額支払う必要があるところを「保険会社が病院に直接支払いをしてくれる仕組み」をキャッシュレス診療と言います。

 

 

 

「自動付帯」「キャッシュレス診療」「年会費無料」

 

  • レックスカード
  • エポスカード

 

この2社は先程の年会費無料のカードにもありましたね。

と言うことは?この2社から選べば、お得で便利なカードが持てますね。

 

クレジットカードの海外旅行傷害保険の利用付帯を利用する

 

利用付帯とは?

 

そのカードで旅行代金の一部でも良いので、支払いをカードでする事でトラブルが起こった時「保証を受ける事が出来る」事を利用付帯と言います。

 

 

  • 旅行代金の一部とは

楽天の場合

出国or帰国の空港までの交通費など

空港までのタクシー代(全路線でなくてOK!)
例えば、家から最寄りのバス停までとか(少額で良い)

電車代・宿泊費・食費・施設の入場料など何でもいいんです。

 

どれか1回でも楽天カードで決済していればOK!と言う意味なので、全ての支払いを楽天カードで決済する必要はありませんからね。

 

例えば…出国する時の航空券を楽天で決済したから、それ以外はANAカードで決済してマイルを貯める!なんて事は全然OK!です。

 

 

空港で海外旅行傷害保険に加入する

 

空港の保険会社で出国前に保険内容を決めて支払いをするだけですね。

超簡単ですが、料金が割高です。

なので、あまりおススメはできませんが、少々の出費はいいよ!って方やめんどくさい方は、これが一番簡単です。

 

比較的おススメなのがネット加入です。

 

ヨーロッパに「2週間」「大人1名」の値段は1万円弱くらいです。

安い所だとその半額くらいでした。

空港の店舗で加入するとネット加入の倍くらいする!と思っておいた方がいいですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、この内容で解説してきました。

 

【ヨーロッパで海外旅行傷害保険は自動付帯する?お得なカードも紹介!】

 

● ヨーロッパでもクレジットカードの海外旅行傷害保険の自動付帯は利用できる?

● クレジットカードの海外旅行傷害保険の利用付帯を利用する

● 空港で海外旅行傷害保険に加入する

● まとめ

 

保険ひとつとってもカードの「自動付帯」「利用付帯」「空港で加入」「ネット加入」と、いろいろ選択肢があると何がお得か悩んでしまいますね。

1番楽チンで現実的なのは…やはりクレジットカードの「自動付帯」でしょうね。

それも何枚か持ち合わせることで、保証額も手厚くなりますから。

 

注意点

 

いくら複数枚のカードで保証額を手厚くしたとしても、保証の手薄い部分は必ずあるので、そこを補うために空港の保険などを上手に活用して、バランスの良い保険内容にする必要はあります。

 

特に数か月にも渡って長期の海外旅行になると更に、その必要性は高くなります。

 

長期間の場合はカードの保険に加えて「ネット加入」で手厚くする!などの工夫も必要になってきますね。

 

 





スポンサーリンク