芸能

【堺雅人の年収】現在と全盛期!億越えの収入の9割がCMだった

堺雅人の現在と全盛期の年収は?出演作品とギャラ単価総まとめ!1

気になる「堺雅人」の年収

  • 2018年(45歳) 1億4,980万円
  • 2019年(46歳)    7,430万円
  • 2012年(38歳)    6,650万円
  • 2013年(39歳) 1億4,320万円
  • 現在は2018年・2019年(45・46歳)の2年間
  • 全盛期は2012年・2013年(38・39歳)の2年間
  • 2012年「リーガル・ハイ」で主演をつとめ、翌年の「半沢直樹」ではギャラが跳ね上がるほどの高視聴率をたたき出しました!
  • 2013年「半沢直樹」といえば最終回で45.5%という驚異的な高視聴率を記録し話題となりました。

平成以降に放送されたテレビドラマでは、歴代1位の記録!

なので、ここを全盛期とします。

ギャラは放送前に決定することが多いので、どれだけドラマ「半沢直樹」がヒットしても直接ギャラには関係しないようです。

跳ね上がるのはこの放送の後から…ということになるんですね。

現在のギャラには反映しています。

現在は2018年・2019年(45・46歳)の2年間

最近は仕事をほとんどしていません。

その理由の真相はハッキリと分かりませんが

  • 育児休暇説
  • 干された説
  • 病気治療説

現在のドラマ単価は3,500~4,000万円とも言われています。

計算方法は各年、それぞれの出演本数を調べます。

出演本数にギャラ単価を掛けて合計していきます。

大きな収入にスポットを当てて計算しています。

ドラマは通常1話いくら、という風になっています。

現在の「堺雅人」の場合

  • 主演ドラマが「1話 =350万円」
  • 基本的にドラマは10話前後ありますので
  • 「10話 x 350万円=3,500万円」

という計算です。

細かい収入は省略しているところもあります。

チョット少な目で計算していると思って下さい。

1992年:18歳の時「早稲田大学 第一文学部」在学中に、新劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加。

それをキッカケに活動をスタート

その後、大学は卒業することなく中退しています。

それでは「堺雅人」の年収事情に迫っていきます。





スポンサーリンク

現在の年収


2018年:1億4,980万円

  • CM 1億4,800万円
  • 映画 150万円
  • その他 30万円

2018年:内訳

  • 「CM 4本」x 3,700万円 = 1億4,800万円
  • 「映画 1本」x 150万円 = 150万円
  • 「吹き替え&声優 1本」x 30万円 = 30万円
合計 1億4,980万円

 

2019年:7,430万円

  • CM 7,400万円
  • その他 30万円

2019年:内訳

  • 「CM 2本」x 3,700万円 = 7,400万円
  • 「吹き替え&声優 1本」x 30万円 = 30万円
合計 7,430万円

 

現在のギャラ単価

  • 「映画」単価:150万円
  • 「吹き替え&声優」単価:30万円
  • 「CM」単価:3,700万円

 

 

全盛期の年収


2012年:6,650万円

  • CM 4,200万円
  • 映画 700万円
  • ドラマ 1,750万円

2012年:内訳

  • 「CM 2本」x 2,100万円 = 4,200万円
  • 「主演 映画 2本」x 300万円 = 600万円
  • 「映画 1本」x 100万円 = 100万円
  • 「主演 TVドラマ 1本」x 1,600万円 = 1,600万円
  • 「TVドラマ 1本」x 150万円 = 150万円
合計 6,650万円

 

2013年:1億4,320万円

  • CM 1億500万円
  • 映画 300万円
  • ドラマ 3,500万円
  • その他 20万円

2013年:内訳

  • 「CM 5本」x 2,100万円 = 1億500万円
  • 「主演 映画 1本」x 300万円 = 300万円
  • 「主演 TVドラマ 2本」x 1,600万円 = 3,200万円
  • 「主演 TVドラマ 1話 1本」x 300万円 = 300万円
  • 「ナビゲーター&ナレーション 1本」x 20万円 = 20万円
合計 1億4,320万円

 

全盛期のギャラ単価

  • 「主演 映画」単価:300万円
  • 「映画」単価:100万円
  • 「主演 TVドラマ」単価:1,600万円
  • 「主演 TVドラマ 1話」単価:300万円
  • 「TVドラマ」単価:150万円(NHK)
  • 「ナビゲーター&ナレーション」単価:20万円
  • 「CM」単価:2,100万円

 

 

出演作品


2018年:出演作品

「映画」 1本

  1. 北の桜守

「吹き替え&声優」 1本

  1. プーと大人になった僕

「CM」 4本

  1. スカパー
  2. 三井住友銀行
  3. サントリー「クラフトボス ブラック」
  4. ソフトバンク「ウルトラギガモンスター+」

 

2019年:出演作品

「吹き替え&声優」 1本

  1. プロメア

「CM」 2本

  1. スカパー
  2. サントリー「クラフトボス ブラック」

2012年:出演作品

「主演 映画」 2本

  1. 鍵泥棒のメソッド
  2. その夜の侍

「映画」1本

  1. 大奥〜永遠「右衛門佐・綱吉篇」

「主演 TVドラマ」 1本

  1. リーガル・ハイ

「TVドラマ」 1本

  1. 大奥〜誕生「有功・家光篇」

「CM」 2本

  1. スカパー
  2. キリン「キリンの泡」

 

2013年:出演作品

「主演 映画」 1本

  1. ひまわりと子犬の7日間

「主演 TVドラマ」 2本

  1. リーガルハイ 第2期
  2. 半沢直樹

「主演 TVドラマ 1話」 1本

  1. リーガル・ハイ スペシャル

「ナビゲーター&ナレーション」 1本

  1. 2013皇室スペシャル 陛下の覚悟〜つらぬいた365日 その原点〜

「CM」 5本

  1. トヨタ
  2. スカパー
  3. ソフトバンク
  4. キリン「キリンの泡」
  5. サンヨー食品「サッポロ一番」

 

 

億越えの収入!9割がCM



  • 2018年:1億4,980万円、内「1億,800万円」がCMから
  • 2019年:7,430万円、内「7,400万円」がCMから
  • 2012年:6,650万円、内「4,200万円」がCMから
  • 2013年:1億4,320万円、内「1億500万円」がCMから

2019年に至っては9割

それ以外の年でも、6~8割程度がCMからの収入になっています。

恐るべし「堺雅人」のCMの起用率!

好感度抜群ですから。

でも…上には上がいるんですね…これが。

 

 

 

まとめ



 気になる「堺雅人」の年収

  • 2018年(45歳) 1億4,980万円
  • 2019年(46歳)    7,430万円
  • 2012年(38歳)    6,650万円
  • 2013年(39歳) 1億4,320万円

となっていました。

出演本数一覧

  • 2018年

「映画 1本」「吹き替え&声優 1本」「CM 4本」

  • 2019年

「吹き替え&声優 1本」「CM 2本」

  • 2012年

「主演 映画 2本」「映画 1本」「主演 TVドラマ 1本」「TVドラマ 1本」「CM 2本」

  • 2013年

「主演 映画 1本」「主演 TVドラマ 2本」「主演 TVドラマ 1話 1本」「ナビゲーター&ナレーション 1本」「CM 5本」

 

最後に、今回の年収は総収入額です。

総収入額とは事務所へのマネジメント料や税金が、何も引かれていない状態のこと。

この総収入額から…

マネジメント料&税金など、諸々のお支払いをします。

以上で終了です。

また別の記事でお会いしましょう。





スポンサーリンク