芸能

千賀健永の父母弟の家族構成は?実家が金持ちの理由と親の職業も!

千賀健永の父母弟の家族構成は?実家が金持ちの理由と親の職業も!1

スポンサーリンク




家族構成は?
父・母・千賀健永・弟の4人家族

 

実家が金持ちの理由は?
両親ともに「会社経営者」だから

 

親の職業は?
  • 父:広告会社の社長兼デザイナー
  • 母:コンサルティング会社の社長

それでは本題へ入っていきましょう。





スポンサーリンク

千賀健永の家族構成

千賀健永の父母弟の家族構成は?実家が金持ちの理由と親の職業も!2

 

父・母・千賀健永・弟の4人家族

 

息子の「千賀健永」には、

小さい頃からヴィトンやエルメスなど

ブランド品を日常遣いさせてあげられるほどの財力の持ち主。

子供達が小さい頃には家で

「孔雀」を飼っていたそうです。

「千賀健永」の愛車はポルシェ。

このポルシェは買い与えたのか?

それとも父のポルシェを息子に貸してるのか?

どちらにせよ「ポルシェパナメーラ」のお値段¥2,000万

 

  • のり子
  • 元モデル

杉本彩に似ている美人で、「千賀健永」には、のり子と呼ばれている。

嵐の「櫻井翔」のお母さんとは知り合いだそうです。

 

千賀健永

人と同じ事をしていても「成長や成功」に繋がらないという意味からなのか…?

小さい頃から

人がやらない事をしなさい

と両親に言われて育った「千賀健永」(せんが けんと)

幼稚園児の時から、色んなダンススクールに通っては

昇格テストのため「1日6時間」練習していたそうです。

小3で「マイケル・ジャクソン」のダンスを教えてくれる先生に出会い、ダンスにのめり込むようになる。

小5で出場した「ダンス全国大会」で

「マイケル・ジャクソン」のダンスを踊って

最年少で入賞した経歴の持ち主

その時のビデオと履歴書をジャニーズ事務所に送り

オーディションを経て2003年12歳でジャニーズ事務所に入所する事になる。

 

  • 次男:千賀 条意(じょうい)
  • 2歳下

 

  • 兄の「千賀健永」より背が高く
  • キスマイメンバーからは
  • 兄の「千賀健永」より
男前

と言われているそうです。

 

 

実家が金持ちの理由

千賀健永の父母弟の家族構成は?実家が金持ちの理由と親の職業も!3

 

両親がともに「会社経営者」だから

 

  • グループ最年少の天然キャラ
  • 「千賀健永」の”金持ちキャラ”は
  • ハッタリではなく
  • 本当に超金持ちのお坊ちゃまでした。

メンバーからは「ロイヤル千賀」なんて呼ばれる事も。

  • 子供の頃から、洋服や小物などは普通に「ヴィトン」&「エルメス」を日常使いしていたようです。
  • ラジオ番組で「小さい頃、実家で孔雀(くじゃく)を飼っていた」と話しています。
  • 愛車は「ポルシェ」で2,000万円

 

両親からよく言われていた言葉
  • 人がやらない事をしなさい
  • 幼稚園児の時から、色んなダンススクールに通っていた

そもそも「人がやらない事」をしなさいとは…

「人と同じ事」をしていても、大きな成長や成功には繋がらない!

という事を実感している「経営者の思考回路」を

小さい頃から、教えようとしていたのではないんでしょうか?

生活に余裕がなくては「色んなダンススクール」には、通わせられないですからね。

当然ながら、ジャニーズのレッスンに通うのは新幹線。

  • 「名古屋↔東京」の往復を週2回
  • 毎月の新幹線代=月20万円

まあ、これは「時間を買う」という事と、効率を考えれば仕方ない出費と思いますが…

両親がW社長だから出来る事。

ジャニーズには「親が裕福」な家庭の出身者が多いのは、

こういった「必要経費」を負担しなければいけない事などの理由からなんでしょうか?

親が社長で、お金持ちが多いですね。

 

千賀健永の親の職業

千賀健永の父母弟の家族構成は?実家が金持ちの理由と親の職業も!4

父の職業

広告会社の社長兼デザイナー

 

母の職業

コンサルティング会社の社長

社名:ヒューマンビジョン

 

 

 

まとめ

千賀健永の父母弟の家族構成は?実家が金持ちの理由と親の職業も!5

「金持ちキャラ」をネタにしていた「千賀健永」はガチの金持ちでした。

両親ともに会社経営者で弟の「条意」は兄を超えるイケメン。

「キスマイってブサイクじゃない?」というネット上での陰口があるが、真偽はいかに?

4人(北山・宮田・二階堂・千賀)でしゃぶしゃぶを食べに行った時のこと

真ん中に仕切りのある火鍋スタイルの鍋に肉を入れる時、千賀は「2色の味が楽しめるよ」と言いながら、その仕切りをまたぐように肉を乗せていった。

これにキレたのは、北山だったそう。

やはり天然だ。

以上で終了です。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう。





スポンサーリンク