スポーツ選手

郭源治と星野仙一の絆がスゴイ!郭の弟が事故の時にかけた言葉とは?

スポンサーリンク




こんにちは、シンジです。

シンジのブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

今回の記事では、元中日ドラゴンズのピッチャー、郭源治(かく げんじ)と当時の「闘将、星野仙一」の現役時代のエピソードが、感動的でしたので記事にしていきたいと思います。

 

その内容が、郭源治が現役時代のシーズン中に、台湾の弟が交通事故に遭い天国に旅立たれた時、星野仙一が郭源治にかけたの言葉に、強い絆のようなものを感じました。

 

さて、その内容とは一体どんなものだったのでしょうか?

 

それでは本題へ入って行きましょう!





スポンサーリンク

郭源治は、こんな人

郭源治と星野仙一の絆がスゴイ!郭の弟が事故の時にかけた言葉とは?4出典 https://twitter.com/hashtag/%E4%BD%B3%E4%B9%85%E8%80%80?src=hash

 

台湾には兵役があり、兵役終了後に来日しました。

 

貧しい家庭環境で育ち、中日と契約後に日本へ来日した時、所持金は数千円で荷物も風呂敷包みひとつだったそうです。

 

契約金の1250万円は半額を両親にあげ、台北に家族の為のマンションを購入してあげたんですよ。

 

郭源治は1981年(25歳)に中日に入団しました。

 

来日当初は言葉が通じないストレスとの闘いだったそうです。

 

台湾より複雑なサインプレーの説明が聞き取れないため、打者に集中できずノイローゼになりかけたようです。

 

日本の食事も口に合わず、当初は生野菜と揚げ物か焼肉ぐらいしか、食べられなかったみたいですね。

 

寮の台所を借りて、自炊をしたこともあったとか。

 

 

当時、星野仙一氏はまだ現役でしたがその後、監督に就任すると郭源治は守護神として大活躍しました。

 

  • 2年連続でセーブ王

 

郭源治の弟が台湾で車を運転中、追突されて頭を強打し意識不明の重体に…

 

その時、郭源治は西宮球場にいました。

 

一刻も早く帰国して弟に会いに行きたかったが、当時のプロ野球界には、厳しいルールがありました。

 

「球宴を欠場した選手は、1週間再開した公式戦に出場できない」

 

という過酷なルールが!

 

郭源治という「抑えの切り札」の欠場は考えられなかったそうです。

 

その後、何とかやりくりして身一つで台湾に帰国。

 

3日3晩ほとんど寝ずに付き添ったそうです。

 

バカヤロウ。

早く目を覚ませよ!

 

と弟に向かって叫んだ郭源治。

 

小さいころはキャッチボールをして遊んだ、仲の良い弟…

 

引退後は中華料理店を開いて、弟と一緒に店を切り盛りする計画を立てていたそうです。

 

悲しかった、とてもマウンドで投げられる気持ちではない。

だけどオレはプロ野球選手!

試合に出れば、全力を尽くさなければならない。

 

星野仙一氏は

 

源治、行けるな!

 

行けるか?ではなく

行けるな!

 

郭源治は即答した。

 

ハイ、行けます!

きょうは弟が天国で見ていてくれる。

気の抜いたボールは 1球も投げられなかった。

 

背番号は涙ぐんでいた。

 

星野仙一氏は言った。

つらいのは、オレが一番良く知っている。

 

でも源治はウチの抑え。

 

あの場面は源治しかいない。

 

そう言った星野仙一氏の目も潤んでいたという。

 

  • 弟が目を覚まさないまま帰国後の翌日、弟の訃報が入った。

 

郭源治は、一人でむせび泣いたという。

 

郭源治の活躍で首位となったドラゴンズは6年ぶりにセ・リーグを制覇しています。

 

優勝の瞬間、郭源治はマウンドで雄たけびをあげ、胴上げ投手となりました。

 

 

事故で亡くなった弟とは将来台湾料理の店を開く約束をしていたんですよ。

 

そのため弟は料理人として修行を始めていたそうです。

 

弟との約束通り、現役引退後の2001年(45歳)に地元名古屋でレストラン「郭源治 台南担仔麺」を開店しました。

 

2013年(57歳)には 12年間、営業してきたレストラン「台南担仔麺」を閉店いています。

 

台湾プロ野球の、初代首席顧問に専念するために、閉店したとの可能性が高いと思われます。

 

しかし翌年の2014年(58歳)には台湾プロ野球の顧問は辞任しています。

 

 

そして2018年(62歳)には、東北楽天ゴールデンイーグルスの、春季キャンプの研修コーチを務めました。

 

星野仙一は、こんな人

 

郭源治と星野仙一の絆がスゴイ!郭の弟が事故の時にかけた言葉とは?1出典 https://www.jiji.com/jc/d4?p=hos001-01221236&d=d4_news

 

ドラゴンズが一番輝いていた時代は、この時代だったと思う。

 

乱闘も試合の一部かと思うほど、闘志を剥き出しにする男達の集団でしたね。

 

先頭で引っ張るのが「闘将・星野仙一」

 

星野監督時代が、ドラゴンズが一番輝いていた時代として語り継がれています。

 

 

2018年、星野仙一氏が膵臓がんが原因で天国に旅立たれたことが発表されました。

 

70歳でした。

 

突然の訃報に驚きと悲しみが広がる中、郭源治の故郷の台湾でもトップニュースとなり、中日時代に指導を受けた郭源治氏がコメントしています。

 

星野さんは僕に、とても大きな影響を与えてくれた方。

まさしく野球人生の恩師です。

 

とコメントを残していました。

 

 

星野仙一氏が、郭源治の弟が事故に遭った時かけた言葉とは?

 

郭源治と星野仙一の絆がスゴイ!郭の弟が事故の時にかけた言葉とは?2出典 https://www.jiji.com/jc/d4?p=hos001-01221236&d=d4_news

 

  • 1988年(郭32歳)に郭源治の弟が、交通事故で亡くなった時に星野仙一氏が…

 

源治、空を見てみろ。

弟が見ているぞ!

 

とマウンドで声をかけ、励ましたそうです。

 

その言葉に奮い立った郭源治は怒涛の活躍で、リーグ優勝の原動力となりました。

 

その結果、セ・リーグMVPにも選出されています。

 

 

2013年にはアジアシリーズで楽天を率いて台湾を訪れた星野仙一氏は、持病の腰痛に耐えながら移動していたそうです。

 

その時、台湾プロ野球の顧問を務めていた郭源治は、星野仙一氏の台湾滞在を全面的にサポートしていたといいます。

 

郭源治は裏方として恩師、星野仙一氏の最後の国際試合を支えていました。

 

 

星野仙一氏の帰国後、台湾ではウインターリーグが開催され、台湾プロ野球選抜の監督となった郭源治は背番号「77」を付けて試合に臨んだとのこと。

 

恩師の背番号を背負って共に戦っていたんですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

貧しい家庭環境から這い上がり、足が痙攣しても投球をやめなかった!

 

ハングリーさが前面に出ていた投手、郭源治。

 

恩師、星野仙一氏に信頼を寄せていたからこそ弟の訃報の時、心が震えあの場面で投球することが出来たんでしょう。

 

また祖国、台湾にもアツい想いがあり、日本への帰化については台湾への愛着などから非常に悩んだそうですよ。

 

台湾では反対意見も多かったそうですね。

 

これから日本で暮らしていく子供の幸せを第一に考えたそうです。

 

 

中日退団後は母国リーグの統一ライオンズに入団しました。

 

台湾生まれでありながら、登録上は外国人になるという複雑な環境に置かれてしまいました。

意識する事はない。

台湾は産んでくれたお母さんであり、日本は育ててくれたお父さん。

どちらも必要だし、どちらかを選ぶ事は出来ない。

もしあなたは何人?

と聞かれたら『野球人』と答えます!

 

と当時のインタビューに答えています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





スポンサーリンク