芸能

高橋恭平の性格と生い立ち!父母姉の家族構成と地元は大阪のどこ?

高橋恭平の性格と生い立ち!父母姉の家族構成と地元は大阪のどこ?1

スポンサーリンク




性格

  • イケメン&ナルシスト+天然
  • 好きな寿司ネタは?「ガリ」と答えてしまう

 

生い立ち

  • 小中は兵庫県「神戸」の学校
  • 高校から「大阪」の学校
  • 2014年14歳:ジャニーズ事務所に入所(中学生)
  • 2020年20歳:自分の誕生日に、家族のグループラインで感謝の言葉を送った

 

家族構成

父・母・姉・高橋恭平の4人家族

 

地元は大阪のどこ?

地元は大阪ではなく「神戸」

 

「なにわ男子」メンバーの出身地

  • 道枝駿佑:大阪府
  • 長尾謙杜:大阪府
  • 高橋恭平:大阪府
  • 藤原丈一郎:大阪府
  • 西畑大吾:大阪府堺市
  • 大橋和也:福岡県
  • 大西流星:兵庫県神戸市

7人中5人は大阪出身

姉が履歴書を勝手に送って、受けたオーディションで合格してしまう。

入所日:2014年14歳の時でした。

それでは本題へ入っていきましょう。





スポンサーリンク

高橋恭平の性格

高橋恭平の性格と生い立ち!父母姉の家族構成と地元は大阪のどこ?2
  • イケメン
  • ナルシスト
  • 天然
  • あほキャラ確定?

 

2014年14歳:ジャニーズ入所当時の「高橋恭平」

  • 緊張
  • 人見知り

初めはメンバーと、なかなか打ち解けることが出来なかったようです。

天然あほキャラとは…?

問題です:聖徳太子が派遣した遣隋使の名前は?

に対して、元気いっぱいに…

「かつかいしゅう!」と答えたのは有名な話し。

  • お勉強の方は…テストで5教科の合計得点が100点
  • 1教科20点というハイスペック
好きな寿司ネタは?

「ガリ」と答える。

こんな感じなので、メンバーからは少々

日本語が不自由

と言われている。

昔は自信が無くて、大人しかったのに…

  • カッコいい
  • 足が長い
  • 小さい顔

などとファンに、べた褒めされるうちに「変化」?「進化」?して行った。

  • 自信が無くて、人見知りで大人しかった少年が
  • ファンに褒められて自信を持った
  • 自分の事が好きになれた
  • そしてナルシストへ
  • 今では、チャラ男とまで呼ばれるまでに…
  • 無事成長

 

 

高橋恭平の生い立ち

高橋恭平の性格と生い立ち!父母姉の家族構成と地元は大阪のどこ?3
  • 2006年6歳:神戸市須磨区の公立小学校 入学
  • 2012年12歳:神戸市立 鷹取中学校 入学
  • 2014年14歳:ジャニーズ事務所に入所
  • 2015年15歳:大阪府立 咲洲高校 入学
  • 大学進学せず
  • 2018年18歳:なにわ男子のメンバーとなる
  • 2020年20歳:自分の20歳の誕生日に、家族のグループラインで感謝の言葉を送った

 

20歳で家族のグループラインがあって、やり取りが出来る関係って凄い親孝行ですね。

 

 

高橋恭平の家族構成

 

父・母・姉・高橋恭平の4人家族

 

姉:5歳上

弟とは正反対の性格のようで「頭脳派」&「賢い」ようです。

服装選びに悩んだら姉に相談するそうなので、仲が良いことは分かりました。

 

高橋恭平の地元は大阪のどこ?

  • 出身小学校:兵庫県神戸市
  • 出身中学:兵庫県神戸市
  • 出身高校:大阪府住之江区

この情報をまとめて整理すると

小中は「神戸」、高校から「大阪」

 

  • プロフィールには「大阪出身」
  • とあるようですが、幼少期は
  • 「兵庫県に住んでいたことがある」
  • と雑誌に掲載されている事と
  • 小中と「神戸」の学校に通学していた事
  • などから考えて

 

地元は大阪ではなく「神戸」

にあるものと思われます。

 

プチ情報

  • 2020年に大阪の「梅田」で多数の目撃情報があるようです。
  • 特に「HEP FIVE」付近での目撃が多いようです。

 

 

 

まとめ

高橋恭平の性格と生い立ち!父母姉の家族構成と地元は大阪のどこ?4

天気予報の原稿を読んだ時の、「読み間違い」を一覧にしてみたら…

  • 北部(きたぶ)
  • 本降り(ほんおり)
  • 低気圧(ひくきあつ)
  • 晴れ間(はれあいだ)
  • 紀伊半島(ききはんとう)
  • 土砂災害(すなさいがい)

やるな!高橋恭平

高橋恭平の名言

  • 生まれ変わっても自分になりたい
  • 神様から授かった素晴らしいところは顏

ナルシスト全開発言…かなりやるな!高橋恭平

以上で終了です。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう。





スポンサーリンク