人物

高須院長の学歴や経歴・家族構成は?収入源と年収・資産総額も!

高須院長の学歴や経歴・家族構成は?収入源と年収・資産総額も!1

高須クリニックは

  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋x2
  • 大阪
  • 合計5店舗

東京:高須院長

  • 名古屋:三男「高須幹弥」院長
  • 妻:「高須英津子」医師

大阪:長男の妻「高須敬子」院長

高須一族で院長などを務めています。

それでは本題へ入っていきましょう。





スポンサーリンク

高須院長の学歴


東海高校(中高一貫校)

  • 所在知:愛知県名古屋市
  • 偏差値:73

 

国公立大学医学部の合格者は、2008年(平成20年)以降12年連続で日本一!

2019年度の合格者

  • 東京大学 37名
  • 京都大学 40名
  • 国公立医学部 116名

名古屋大学、早稲田大学、慶應義塾大学などへ進学する学生が多いそうです。

卒業生には「政界の大物」や「文化人」などの卒業生が多い。

 

昭和医科大学医学部

  • 偏差値:66.8

 

有名な卒業生は?
  • 衆議院議員:とかしきなおみ
  • 料理評論家:服部幸應



高須院長の経歴

高須院長の学歴や経歴・家族構成は?収入源と年収・資産総額も!3

1945年(昭和20年)「産婦人科医の母」の元に生まれる。

母は忙しい人だったため、小児科医だった「おばあちゃん」に育てられた。

  • 昭和大学卒後:整形外科医局に所属
  • 1973年(28歳):医学博士取得
  • ヨーロッパの大学3校に研修留学
  • 1974年(29歳):愛知県に高須病院を開設

老人保健施設や訪問介護事業を立ち上げて、介護福祉分野にも参入。

  • 1976年(31歳):名古屋に高須クリニック開設
  • 1977年(32歳):「危ない美容法」がベストセラー

美容整形の専門家としてTV出演するとたちまち有名に…

  • 2011年(66歳):昭和大学客員教授に就任
  • 2011年(66歳):僧侶となった
  • 2015年(70歳):がん細胞が発見される。
  • 2016年(71歳):高須病院だけで700人の職員を抱えるまでに成長

 

高須院長の家族構成



父・母・長男・次男・三男の5人家族

 

妻:高須シヅ

  • 生年月日:1944年(昭和19年)
  • 永眠:2010年(平成22年)65歳
  • 出身校:昭和大学医学部
  • 職業:産婦人科医・美容外科医

高須クリニックの実質的な経営者でした。

妻の名誉を守るための裁判

大西議員の発言

美容外科は非常にお粗末なCMが多い。

皆さんよくご存じのように、例えば「Yes!〇〇」と、クリニック名を連呼するだけのCMとか…

この発言に対し高須院長は

  • 大西議員
  • 民進党の蓮舫代表を
  • 名誉棄損で訴えました

2017年、東京地裁で行われた第1回口頭弁論では

大西議員と蓮舫代表は欠席。

弁護士のみが姿を現しました。

「イエス高須クリニック」のキャッチコピーは妻の遺産であり、私の大切な宝です。

高須院長は美容外科医としての仕事について、こう述べています。

美容外科手術はいかがわしい医療とみなされてきました。

病気でない人にメスを入れるのは治療でないという理屈から、美容外科は診療科として認められなかったのです。

美容整形は後ろめたいことではない。

人生を楽しむ権利は誰にでもある。

引用元:産経ニュース

紙を持つ手を震わせ、涙を流しながらそう述べた高須院長。

長年技術を磨いてきた自分の仕事の誇りと「妻の残してくれた遺産」を守るために。

高須院長は、なんとしても侮辱的な発言を許すことができなかったのでしょう。

奥様を愛しておられた事が、良くわかりますね。

 

長男: 高須力弥

  • 生年月日:1970年
  • 出身校:愛知医科大学医学部

以前は高須クリニック東京院、横浜院副院長を務めていました。

父との確執のために退職しています。

現在は

  • 名古屋院
  • 大阪院理事

になっています。

退職というか…移動では?

ただ、父から離れたいから移動したのでは?

 

長男の嫁:高須敬子

  • 出身校:愛知医科大学医学部
  • 職業:高須クリニック大阪院院長

 

次男:高須久弥

  • 出身校:松本歯科大学
  • 職業:歯科医師
  • 高須クリニック大阪院勤務

 

三男:高須幹弥

  • 生年月日:1975年
  • 出身校: 藤田保健衛生大学医学部 藤田保健衛生大学大学院医学研究科
  • 職業:美容外科医 博士
  • 高須クリニック名古屋院院長

 

三男の嫁:高須英津子

3人の女の子のお母さん

 



高須院長の収入源

高須院長の学歴や経歴・家族構成は?収入源と年収・資産総額も!5
  1. 昭和大学客員教授
  2. メディア出演料
  3. 高須病院の運営
  4. 介護老人保健施設「高須ケアガーデン」の運営
  5. グループホーム
  6. 訪問看護ステーション
  7. デイケア
  8. ヘルパーステーション
  9. 高須病院の理事長
  10. 高須クリニック
  11. 本の印税
  12. ブログ広告収益

凄く稼いでいるイメージは持っていましたが…

まさかこんなに収入源があったとは正直、おどろきです!

稼いだ分は、キチンと社会貢献という形で寄付などされています。

高須院長の年収




50~60億円

  • 1985年~1988年の3年間の所得合計=16億8,000万円
  • 2003年:個人納税額=8,700万円

上限なしの「アメックス センチュリオンカード」の所有などから推測できます。

2001年当時の国内店舗は?
  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋
  • 大阪
  • 札幌
  • 仙台
  • 広島
  • 福岡

20年前は国内に8か所、ハワイに1か所ありましたが、

現在は規模を縮小しています。

  • 東京
  • 横浜
  • 名古屋x2
  • 大阪
  • 合計5店舗

人件費や経費を削減して利益率を上げた結果。

年商60億円以上とも言われています。

 

高須院長の資産総額



 140~160億円

寄付している事でも有名で…

困っている人を助けてあげたいんですよ。

幼い頃から母に人を喜ばせるのが何よりも大切だと教わっていました。

人に喜ばれると嬉しいからね。

阪神大震災のときも、1年間は大阪の高須クリニックを無料で被災者に開放していました。

震災では、ガラスで顔や体を切ってしまった人も沢山いてね。

そういったケガを負った人たちを助けてあげたかった。

きちんと社会貢献もしているから、お金が舞い込んでくるのでしょうか?

でも、ポケモンGOをするためにヘリ飛ばしちゃうような、お茶目な心の持ち主なんですね。

そんな高須院長は少年時代は石を投げられたり、物を取られたり壮絶なイジメにあっていたといいます。

いじめられている人を見ると、手助けしたくなるんです。

手助けできるとハッピーになります。

いじめられた幼少時代を過ごしたからこそ、困っている人の痛みを感じやすく、助けたいという思いにかられる。

高須院長の寄付


1995年 阪神・淡路大震災 「寄付金額 7000万円」

美容形成治療を一年間完全無料で実施。

2011年 東日本大震災

疎開してきた被災者の方々の治療を一年間無料

震災遺児を応援する「毎日希望奨学金」に1000万円

被災した高校生たちのために、母校の昭和大学に奨学金を寄付

2014年 国境なき医師団日本 「寄付金額 1000万円」

2014年 チベットの子供達への教育と福祉 「寄付金額 1000万円」

2016年 台湾南部地震 「寄付金額 1000万円」

2016年 熊本地震 「寄付金額 1000万円」

ヘリで救援物資輸送

2016年 鳥取県中部地震 「寄付金額 1億円」

これ一部ですからね…

当たり前のように寄付していますが、なかなか出来ない金額ですね。

しかも高額寄付です。

心意気が男前。

まとめ



 芸能人を中心に、有名人の手術を数多く手がけています。

格闘技 「K-1のリングドクター」としても活動していました。

高須クリニックはバブル崩壊の時、不動産投資に失敗して

100億円の借金がありました。

10年で完済しています。

恐ろしいほどの売り上げがあるということです。

単純計算でも 1年で10億円、返済していたことになります。

それだけの収入はありました。

高須院長は「遺産は残さない宣言」をしていることでも有名です。

死ぬまでに全額寄付し、息子たちには遺産を渡すことはない!と断言しています。

生きている間に自分のお金で、たくさんの人の役に立つことが目標だそうです。

寄付についての質問に

ずっとしてますよ。

去年もあちこちに数億円寄付しました。

僕はもともと貯蓄ってものに興味がないんです。

だって死んじゃったら、あの世に持っていけないじゃない。

だから、生きている内にいっぱいいいことをして、神様に褒めてもらおうと。

赤坂でもビッグイシューを売ってるホームレスの人いるじゃない?

あれも僕は買うしね。

つまり、この世で寄付したり、いいことをすると、あの世に積み立てができるってことです。あの世とのマネーロンダリングだよ(笑)。

出典:https://akasaka.keizai.biz/column/14/

以上で終了です。

また別の記事でお会いしましょう。





スポンサーリンク