観光

ドイツの電車乗り換えアプリ「DB Navigator」の使い方を解説!

スポンサーリンク




こんにちはシンジです。

「シンジのヨーロッパ1人旅ブログ」へ
お越しいただき、ありがとうございます!

初めてのヨーロッパ旅行は、ドイツに一人旅ブログ

今回のテーマは私がドイツに1人で、ふらりと出かけた時に、
電車の乗り方が分からず、困ったので、これからドイツに行れる方が、
私と同じように困らなくて済むように、との思いを込めて、
アプリの使い方旅行のコツなどを分かり易く、解説していきます。

そもそも・・・日本語対応はしていませんが、何とかなります。

ローマ字なんですが・・・

スペルが若干、違うので最初は戸惑うと思いますが、使っていくうちに

慣れますので、不安な方は日本で試してからでも、いいかもしれませんね。

まず、見た事ない字にビックリ(◎_◎;)しました。

ё ⇐これ、読めますか・・・?

って感じで、ところどころに読めない字がありますが、読めなくても、

アプリは問題なく使えます

もちろん無料です!





スポンサーリンク

アプリインストール後の初期設定

インストール後、アプリをタップすると、右上に横3本線があるので、

そこをタップ。

上から2番目の「Trip planner」にグレーのマーカーが引かれていれば、

設定は終了です。

あとは実際に使い始めるだけです!

簡単でしょ。

実際に文字入力しながら「検索画面」で解説

 

ここでは細かい説明、難しい説明はしていないので、

あなたなりの最適な使い方を見つけて下さいね。

なので最低限、使えればOKくらいの気持ちで・・・

① 画面上半分 ⇒ GPSの地図

② 地図のすぐ下の「from」⇒出発地

③ 「to」⇒行き先

④ 「to」の下のグレーの枠の左半分「Today Wed」⇒出発希望日

⑤ 「Today Wed」の右「Departure」⇒出発希望時間

あとは、画面下の赤枠の「Search」で検索が開始されます。

実際に「検索結果」を画面で解説

上から順にいくつか候補として出ていますね。

左から出発時間 ⇒ 到着時間 ⇒ 所要時間 ⇒ 乗り換え回数

出発時間のすぐ下の 〇〇〇ー〇〇ー〇 ⇒車両(ICEーREーS)

乗り換え回数の下 料金

実際に希望の電車が決まったらも画面で解説

上から

出発時間 10:29 ⇒ 出発駅 ⇒ 出発プラットホーム番号(PL.19)

乗る電車の番号ICE 16

行き先 ⇒ ∨(停車駅の詳細)

到着時間 10:40 ⇒ 到着駅 ⇒ 到着プラットホーム(PL.7)

グレーのマーカー乗り換え所要時間 12分

この要領を繰り返して乗り換えます。

あとは実際に券売機か有人のカウンターでチケットを購入します。

が、ここで問題なのが、チケットの買い方ですね。

ドイツの人はチケットの購入の時、カウンターの人と相談しながら、

購入することが多く、結構な人が並んでいるイメージなので、

時間に余裕があって、言葉もある程度なら、大丈夫と言う方には、

格安チケットが購入できるので、おすすめですが・・・

私のように聞き取りすら不安な方は、質問されていること自体が

理解できないので質問すら、なんて?

と、なって しまいます。

変な汗、出るし・・・

まとめ

実際に行ってきた、私のおススメは断然、無人券売機です!

アプリを有効活用しましょう!

英語が苦手な方こそ、券売機にチャレンジしてみよう!

有人のカウンターは確かにお得なチケットが買えたりするらしいが、

後ろに人が待っていたりと、余計なプレッシャーがかかって、

もっと混乱するし、旅行に来てまで焦りたくないって思いませんか?

ゆっくりしたくて来てるのに、何が悲しくて旅行に来てまで焦るのかと、

考えただけでも嫌になりませんか?

無人券売機なら誰にせかされる事なく、

時間をかけてじっくり悩んで買えばいいんです!

購入の要領は

① 焦らない

② 後ろに誰かいたら、スリかもしれないので、確認する事!
特にスマホは要注意!

③ アプリで確認したように、スペルを確認

④ どうしてもダメなら有人カウンターへ

⑤ それでもダメなら、潔く諦めよう!

それくらい、おおらかな気持ちでいれば、楽しく旅行もできますよ。

豆情報

ドイツ旅行するならフランクフルト中央駅、周辺で宿泊するのがおススメです。

ドイツで4番目に大きな都市で、何と言っても交通機関の充実

日本と大差ないほどです。

どこに行くにも公共交通機関で行けるほど充実しています。

海外あるある、なのが時間にルーズってイメージはドイツには、あてはまりませんよ。

ドイツの人は日本人と同じくらい時間に正確です。

電車に関しても、定刻通りに来るし、着くしとても正確です。

ただ、電車代が高い!!

移動費を少しでも安くして、いろんな所に行きたい!

と言う方は片道の運賃が1万円を超えるようなら、

行った先で宿泊するのが

おススメです。

ホテルの値段設定も日本と同じか、それ以上になっている感じですね。

いかがでしたか?

色んなアプリを使って世界旅行してみませんか?

電車のチケットの購入方法や、海外旅行に役立つ便利アプリで

お得に宿泊する方法など、旅に役立つ情報をお届けして行きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





スポンサーリンク